ピコルナウイルス

「ピコルナウイルス」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

ピコルナウイルスとは?

ピコルナウイルスとはピコルナウイルス科のウイルスのことである。pico(小さい)rna(RNA)のウイルスであることがピコルナウイルスの名前の由来である。ピコルナウイルスはいずれも経口感染するのが特徴である。



ピルコナウイルス科に属するウイルス

ピルコナウイルス科に属するウイルスには以下のようなウイルスがある。
  • ポリオウイルス
  • コクサッキーウイルス
  • エコーウイルス
  • ライノウイルス
  • A型肝炎ウイルス




「ピコルナウイルス」の文献・書籍など

【読み】

ぴこるなういるす

【文献・書籍】

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

アカデミックの症例リスト

DNA Virus→herpes Virus、b型肝炎ウイルス
RNA Virus→レトロ Virus(htlv1.hiv)、パラミクソウイルス(mumps Virus、麻疹 Virus)、ピコルナ Virus(ポリオ Virus、コクサッキー Virus、エンテロ Virus)
上記の Virusでエンベロープをもたないのはピコルナ Virusのみ!

1Dでこの症例を見る

「アカデミック」に関連する他の用語