歯科用語集
2022年4月28日

アメリカ式埋没法

「アメリカ式埋没法」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

PICK UP

アメリカ式埋没法とは?

アメリカ式埋没法とは、義歯の埋没法のうちの1つです。アメリカ式埋没法は作業模型を下部フラスクに、人工歯や支台装置、連結装置(連結子)を上部フラスクに埋没します。これに対し、フランス式は義歯の構成要素全てを下部フラスクに埋没します。
,

アメリカ式埋没法の特徴

アメリカ式埋没法は全部床義歯に使われることが多いです。局部床義歯はフランス式埋没法や、人工歯のみを上部フラスクに埋没する折衷法が適応されます。

アメリカ式埋没法のメリット

アメリカ式埋没法のメリットは以下の通りです。
流ろう時のワックス除去、分離材塗布、レジンの填入の操作がフランス式埋没法に比べて容易です。
レジンの填入時に十分な圧接が可能です。


アメリカ式埋没法のデメリット

アメリカ式埋没法のデメリットは以下の通りです。
レジンの填入時に上下のフラスクを埋めている石膏の間でレジンのバリが発生することがある。これは加圧が不足した場合に起きることである。その場合、義歯の咬合高径が高くなる。そのため、重合後の義歯は咬合器に再装着(リマウント)して咬合調整を再度行う必要がある。

関連用語

PICK UP
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2024 1D inc.
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2024 1D inc.