アメリカ式埋没法

「アメリカ式埋没法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

アメリカ式埋没法とは?

アメリカ式埋没法とは、埋没法のうちの1つである。

ろう義歯のワックス部分を義歯床用レジンに置き換えるために、ろう義歯を作業用模型ごとフラスク内に埋没させる。この方法にはアメリカ式埋没法とフランス式埋没法の2つがある。

アメリカ式埋没法では、作業用模型をフラスク下部に埋没し、人工歯をフラスク上部に埋没する。



アメリカ式埋没法の特徴

アメリカ式埋没法の特徴は以下である。
  • 全部床義歯ではレジン床義歯に用いられる
  • 流ろう・分離剤の塗布・レジン填入が容易
  • 十分な加圧が可能
  • 加圧が不十分な場合には、人工歯-粘膜面との位置関係がくるい、咬合高径が高くなる恐れがある




「アメリカ式埋没法」の文献・書籍など

【読み】

あめりかしきまいぼつほう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部を卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語