SPT

「SPT」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月23日

SPTとは?

SPTとは、歯周組織検査によって病状安定と判定されたのち、それを維持するために歯科医師・歯科衛生士によるプラークコントロールやスケーリング・ルートプレーニング(SRP)、咬合調整などを行う定期的治療のことである。英語ではSupportive periodontal therapy(サポーティブペリオドンタルセラピー)という。


病状安定とは?

SPTやメインテナンスに移行する際の「病状安定」についてまず解説を行う。病状安定とは、歯周治療後に病変の進行は停止したものの、歯周ポケットが残存している状態のことである。

歯周治療後の「治癒」は、歯肉の炎症・歯肉からの出血(BOP)が存在せず、歯の動揺も生理的な範囲となり、歯周ポケットが全顎的に3mm以下の状態を指すが、病状安定とは、4mm以上の歯周ポケットや根分岐部病変、生理的範囲を越えた歯の動揺が認められたとしても病変の進行が停止している状態のことを指す。

病変の進行が停止している場合、歯科医師・歯科衛生士によるプロフェッショナルケアによって歯周組織を継続して維持するための処置が必要となる。これをSPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)という。

SPTとメインテナンスの違い

SPTは歯周治療後の「病状安定」に対して行う処置であり、メインテナンスは歯周治療後の「治癒」に対して行う処置である。病状安定と治癒の違いは先述の通りであり、SPTはメインテナンスと比較して、プロフェッショナルによる積極的な介入が必要となることが多い。

SPTの目的

SPTの目的には、主に以下の3点が挙げられる。

  1. 病状安定部位の維持、あるいは治癒させるための治療
  2. 新たな歯周病再発部位の早期発見
  3. 良好な歯周組織環境の維持

SPTの治療・処置内容

SPTでは、口腔内の状態や全身疾患の状態、服薬状況、口腔の健康に対するモチベーションの状態などを確認した後、処置に入る。

SPTではまずプラークコントロールの状態を確認し、状態に応じて口腔衛生指導を行う。また、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)やスケーリング・ルートプレーニング(SRP)などの機械的清掃、歯周ポケット内洗浄、咬合調整、歯周ポケット内抗菌薬投与などを行う。

超高齢社会とSPT

超高齢社会における高齢者の残存歯数の増加に伴い、高齢者の歯周病も増加している。特に全身状態の悪化などによって歯周外科治療が制限されることによって、4mm以上の歯周ポケットが残存しているケースが多くなっているとみられており、超高齢社会である我が国にとってSPTが果たす役割は大きいと考えられる。

加齢による生体反応や免疫機能の低下を抱える高齢者のケースにおいては、その時々の状態に合わせたプロフェッショナルによる口腔衛生管理が重要である。



「SPT」の文献・書籍など

【読み】

えすぴーてぃー

【文献・書籍】

『臨床歯周病学 第2版』, 吉江弘正ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.
『歯周治療プラクティスマニュアル』, 五味一博士, 永末書店, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

この用語が出てくる記事