リンガライズドオクルージョン

「リンガライズドオクルージョン」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

リンガライズドオクルージョンとは?

リンガライズドオクルージョンとは、義歯の咬頭嵌合時および偏心咬合時の両者において、上顎の舌側咬頭頂のみが下顎臼歯と作業側・平衡側で咬合接触する咬合様式のことである。これにより咬合力が舌側化する。

フルバランスドオクルージョンと比較した場合、リンガライズドオクルージョンでは臼歯部人工歯を頰側寄りに排列しても咬合平衡を保つことができる。また舌房を大きくすることができる。リンガライズドオクルージョンでは、咬合調整も容易である。

リンガライズドオクルージョンは、両側性平衡咬合のうちの1つである。

「リンガライズドオクルージョン」の文献・書籍など

【読み】

りんがらいずどおくるーじょん

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。