グライドパス

「グライドパス」とは?歯科用語を解説
2020年02月19日

グライドパスとは?

グライドパスとは、ニッケルチタンロータリーファイル(Ni-Tiファイル)の破折を予防するために、あらかじめ手用ファイルを用いて、#10〜#15程度まで拡大しておく予備拡大のことである。



グライドパスではルースファイリングの原則を守る

グライドパスにおいては、ルースファイリングの原則を守ることが重要である。グライドパスでは、グライドパス用のニッケルチタンロータリーファイルを使用すると良い(メカニカルグライドパス)。



「グライドパス」の文献・書籍など

【読み】

ぐらいどぱす

【文献・書籍】