リライニングジグ

「リライニングジグ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

リライニングジグとは?

リライニングジグとは、間接法によるリラインを行うときに使用する器具のことである。リライニングジグにはいくつか種類がある。リライニングジグを使用した間接法では、常温重合型と光重合型のリライン材が使用される。



リライニングジグを用いるメリット

リライニングジグを用いるメリットは以下である。
  • 直接法に比べ、リライン材の厚さを適切に確保することができる(軟質リライン材)
  • 重合中、直接顎堤粘膜に接しないため、刺激が少ない
  • フラスク埋没を行う必要がなく、技工操作を簡略化できるため義歯の預かる時間を短縮できる

リライニングジグを用いるデメリット

リライニングジグを用いた際のデメリットは以下である。
  • 使用する常温重合型リライン材は加熱重合型のそれに比べ、一般的に耐久性に劣る

リライニングジグを用いたリラインの流れ

リライニングジグを用いたリラインの流れは以下である。
  1. フラスク埋没によるリラインと同様、前処置・印象採得を行う
  2. 義歯をボクシングし、超硬質石膏を注ぎ模型を製作する
  3. リライニングジグ下部に比較的硬めに練和した石膏を注ぎ、義歯の咬合面を圧接し咬合面コアを製作する。ついでに石膏で模型をリライニングジグ上部に付着する
  4. 硬化後リライニングジグ上部と下部を分離し、印象材を除去する
  5. リライン材の厚さ(およそ1〜2mm)を確保するため、義歯床粘膜面をカーバイドバーなどで削除する
  6. 模型に分離剤を、義歯床粘膜面に接着材を塗布する
  7. 常温重合型アクリル系あるいはシリコーン系のリライン材を、義歯床粘膜面および模型の粘膜面に盛り、リライニングジグ上部と下部を固定する
  8. 硬化後、義歯をリライニングジグおよび模型から取り出し形態修正・研磨を行う

光重合型では上記と同様の操作を行ったのち、光照射器により重合する。リリーフおよび咬合調整後、口腔内に装着する。




「リライニングジグ」の文献・書籍など

【読み】

りらいにんぐじぐ

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

1992年千葉県生まれ。鶴見大学⻭学部歯学科卒業後、⻭科医師免許を取得。学生時代から個人でアプリやWebサービスの開発を行う。東京⻭科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。

「義歯製作」に関連する他の用語