歯科用語集

2022年05月17日

リライニングジグ

「リライニングジグ」とは?歯科用語の解説と症例を紹介

リライニングジグとは?

リライニングジグとは、間接法によるリラインを行うときに使用する器具のことです。リライニングジグにはいくつか種類があります。リライニングジグを使用した間接法では、常温重合型と光重合型のリライン材が使用されます。


リライニングジグを用いたリラインの流れ

リライニングジグを用いたリラインの流れを以下に示します。
  1. 義歯を使用して印象採得を行う
  2. 模型を制作する
  3. リライニングジグ下部に咬合面コアを作成する
  4. リライニングジグ上部に模型を付着させる
  5. 印象材を撤去する
  6. 義歯床粘膜面を1~2mm程度削合する
  7. リライン剤を模型の粘膜面に盛る
  8. リライニングジグ上部と下部を固定する
  9. リライン材の硬化後、リライニングジグから取り出し研磨を行う