フランス式埋没法

「フランス式埋没法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

フランス式埋没法とは?

フランス式埋没法とは、埋没法のうちの1つである。

ろう義歯のワックス部分を義歯床用レジンに置き換えるために、ろう義歯を作業用模型ごとフラスク内に埋没させる。この方法にはアメリカ式埋没法とフランス式埋没法の2つがある。

フランス式埋没法では、作業用模型、人工歯、口蓋床などを全てフラスク下部に埋没する。



フランス式埋没法の特徴

フランス式埋没法の特徴は以下である。
  • 全部床義歯では金属床義歯に用いられる
  • 重合後に咬合関係が変化しにくい
  • 流ろう・レジン填入操作が難しい


「フランス式埋没法」の文献・書籍など

【読み】

ふらんすしきまいぼつほう

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語