下顎法

「下顎法」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

下顎法とは?

下顎法とは、臼歯部人工歯の排列法の1つで、臼歯部人工歯を下顎から排列する方法をいう。

下顎法による排列時の人工歯切縁の位置

下顎法では、切縁の高さが仮想咬合平面からおよそ1mm下降した位置になるよう下顎咬合堤を削除し、その高さに合わせて排列する。これにより口唇を軽く開いたとき、人工歯の切縁が上唇下縁からおよそ1mm露出することになる。歯冠軸の傾斜は上顎法の場合と同じ値(咬合平面に対して近遠心的におよそ87°、唇舌側的におよそ80°)で付与する。

下顎法では、上顎咬合堤を基準に、各々の臼歯部人工歯を仮想咬合平面から下方に下げて調節彎曲を与える。したがって、下顎法では仮想咬合平面と義歯の咬合平面が一致する。




「下顎法」の文献・書籍など

【読み】

下顎法

【文献・書籍】

『無歯顎補綴治療学 第2版』, 平井敏博ら, 医歯薬出版株式会社, 2009.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「義歯製作」に関連する他の用語