タングクリブ

「タングクリブ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年06月14日

タングクリブとは?

タングクリブとは、母指吸引癖や舌突出癖改善のための装置である。



タングクリブの種類

タングクリブの種類としては、固定式と可撤式のものに分けられる。
  • 固定式のもの
    • ナンスのホールディングアーチ
    • 舌側弧線装置にクリブをつけたもの
    • 下顎前歯舌側に直接ボンディングしたもの
  • 可撤式のもの
    • 床矯正装置の前方部にクリブを装着したもの

タングクリブの構成

タングクリブの構成は以下より成る。
  • 維持部と床部
  • 主線と前方部クリブ

タングクリブの作用

タングクリブの作用は、クリブの部分が口腔習癖に対する注意喚起をすること(手指や舌の感覚を変えることによる)で、母指吸引癖をやめたり舌の位置変化を起こしたりする。これにより、口腔習癖・不正咬合の改善が起こる。

タングクリブの適応

タングクリブの適応は、吸指癖・舌癖による混合歯列期の歯槽性開咬である。重度の骨格性開咬は、タングクリブによる改善は難しいとされている。

タングクリブの使用方法

タングクリブの使用方法は以下である。
  1. タングクリブを装着させる
  2. 正しい舌位を指導
  3. 開口時・側方運動時に対顎の歯や粘膜と干渉しないことを確認する

タングクリブの注意点

固定式のタングクリブを使用する際は、口腔清掃に注意させることが必要である。




「タングクリブ」の文献・書籍など

【読み】

たんぐくりぶ

【文献・書籍】

『歯科矯正学 第6版』, 飯田順一郎ら, 医歯薬出版株式会社, 2019.

著者/監修者情報
歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

「マルチブラケット」に関連する他の用語