スライスカット

「スライスカット」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年12月05日

スライスカットとは?

スライスカットとは、2級窩洞の隣接面に行われる窩洞形成法の一つである。スライスカットは隣接面を頬舌的に一直線に削る方法である。
スライスカットの形成は古くはダイヤモンドディスクを用いて行っていたが、現在ではエアータービンとシャンファータイプのダイヤモンドポイントを用いて行うのが一般的である。




スライスカットの部分に設ける側室部

スライス面の側室の幅は近遠心的にはバーの太さ程度まで切削する。また頬舌的にはスライス面の 1/2~ 2/3程度切削する。スライスカットの際の深さはスライス面下から約2mmまでとし、必ず象牙質内に収めるとされている。





「スライスカット」の文献・書籍など

【読み】

すらいすかっと

【文献・書籍】

保存修復学21 第5版 永末書店

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

インレー・アンレーの症例リスト

5番が近心傾斜していたため齲窩下底部でストリップスがうまくマージンフィットせず、隣接をスライスカットしたために最終的な隣接面形態が微妙になってしまった症例です。

5番は生切する前にコンタクトを作成、セラカルにて被覆しています。

1Dでこの症例を見る

メタルインレーのスライスカットの1番の目的はなにになりますでしょうか?
ふと質問を受けて恥ずかしながらわからなくなりました。

1Dでこの症例を見る