キーアンドキーウェイ

「キーアンドキーウェイ」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年11月24日

キーアンドキーウェイとは?

キーアンドキーウェイ(key and keyway)とは、主に半固定性ブリッジに用いられるスライド型連結装置のひとつのことである。
キーアンドキーウェイは、支台歯の隣接面歯冠内にレール上に設けられたキーウェイ(フィメール)と、これと嵌合するようにポンティック部に設けられたキー(メール)から構成されている。


「キーアンドキーウェイ」の文献・書籍など

【読み】

きーあんどきーうぇい

【文献・書籍】

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。