スプルー線

「スプルー線」とは?歯科用語を解説
最終更新日: 2021年10月26日

スプルー線とは?

スプルー線とは、金属を鋳造するにあたって加熱によって溶けた金属をるつぼから鋳型へ流入させる通路(湯道)を作るための金属線もしくは棒状のワックスのことをいう。スプルー線の太さはワックスパターンの大きさや鋳造用合金の種類によって異なる。スプルー線を植立する位置は、ワックスパターンの抽出時に抵抗が少なく、小窩裂溝部や辺縁部を避けた厚い隆線部とする。加えて、スプルー線は溶解した金属がスプルーから鋳型全体に抵抗なく流れる方向に植立する。



「スプルー線」の文献・書籍など

【読み】

すぷるーせん

【文献・書籍】

『保存修復学 第6版』, 千田彰ら, 医歯薬出版株式会社, 2013.

著者/監修者情報

歯科医師

歯科医師。文系大学卒業後、歯学部に再入学。歯学部卒業後に歯科医師免許を取得したのち、歯科医師として勤務する傍らワンディー株式会社でライターとして勤務。

この用語が出てくる記事