「マッチングアプリ」はもう古い?男性歯科医師の恋愛事情を深掘りしてみた

「マッチングアプリ」はもう古い?男性歯科医師の恋愛事情を深掘りしてみた

文・構成:ユニバース倶楽部 | 投稿日: 2021年08月15日
本記事は、ユニバース倶楽部の提供・広告記事です。サービス詳細ページは こちらから どうぞ。

男性歯科医師の恋愛事情とは?

日本全国には、およそ8万名の男性歯科医師がいます(厚生労働省による平成30年医師・歯科医師・薬剤師統計より)。8万名のなかで恋愛に積極的と思われる「20〜30代の男性歯科医師」は、歯科医師全体のうちおよそ15パーセント、1.5万名ほどしかいません。

さて、歯科医師の大半が勤務している歯科医院という職場は、女社会であるケースがほとんどです。同僚の男性歯科医師がいたとしても、それ以外の歯科衛生士、歯科助手といったスタッフの方々の9割以上は女性です。

後述するように、男性歯科医師はモテないわけではありません。モテないわけではないのですが、女社会で普段仕事をしているぶん、一般的な会社員と比べて特殊な恋愛事情がある場合も少なくありません。

この記事では、男性歯科医師の恋愛事情や出会いの事情について、深掘りしていきたいと思います。

男性歯科医師の出会いの場とは?

前章で述べたように、男性歯科医師は「歯科医院」という女社会で仕事をしています。歯科医院に勤務している女性は美人であるという幻想があるのか、「男性歯科医師だったら出会いには困らないんじゃないの?」という声を聞いたことがあるのではないでしょうか。

しかしご存知の通り、同じ歯科医院に勤務する歯科衛生士や歯科助手と恋愛関係に発展するケースは、あまり多くないと思われます。自分も歯科衛生士・歯科助手も一生懸命診療に当たっているわけですから、同じ職場で働いていると「同僚」「仕事仲間」という意識が強くなる、のというのも一因でしょう。

そもそも、歯科医院は従業員10名前後の小規模な事業体であることがほとんど。その小さな環境のなかでは、なかなか恋愛感情が醸成されにくいのかもしれません。

マッチングサービスではモテる職業?

それでは、男性歯科医師はどこで女性と出会い、どのようにして関係を深めるのでしょうか。

以前当社では、「男性歯科医師はマッチングサービスでモテるのか?」をテーマに検証・実験を行ったことがありました。その時の結論はズバリ、男性歯科医師は「モテる」でした。

実験は、歯科医師が某マッチングサービスを使用し、医師や市役所職員、ベーシストなどの他の職業を対照として、女性にラブコールを送り続けるという方法で行われました。

結果、安定した職業の代表格である市役所職員や、歯科医師よりも平均年収の高い医師を差し置いて、歯科医師が堂々の1位となったのです。

しかし、歯科医師は忙しい

いくらマッチングサービスでモテるとは言っても、歯科医師はとても忙しい職業です。開業医の先生の場合は診療だけでなく経営やマネジメントも考えなければなりませんし、勤務医の先生も自分自身のスキルアップ、勉強に時間を費やしています。

日々の生活における可処分時間も限られているなかで、マッチングサービスでマッチングして、メッセージを交換して、デートに誘って、休日や診療後の時間を使ってデートして...という時間の使い方は合わないと考えている先生も多いのではないでしょうか。

いま、高所得層の間で話題のマッチングサービス

歯科医師や企業経営者など、富裕層・高所得層の男性の間では、専用のマッチングサービスを利用する方が増えています。

「メッセージをやり取りするのが面倒」「プロフィールが公開されると知り合いや患者さんにバレるリスクがある」といった理由で、医師や歯科医師の方々の登録も増えているようです。

ユニバース倶楽部が提供しているのは、Web上で展開されるコーディネーター付きマッチングサービス。利用者からは「コーディネーターが仲介するので、デートまでの面倒なやり取りが要らない」「アプリと違って男性側はプロフィール写真などの掲載が必要なく、身バレリスクも軽減される」と好評です。

詳細が気になる方は、ぜひ下記ボタンからご覧になってみてください。

ユーザ登録してより快適に記事を読んでみませんか?
登録してもっと読む ログインして読む

いいねをするとFacebookで
新着ニュースが届きます

1D会員ができること

若手歯科医師の4人に1人が登録!
  • SNSで症例相談やディスカッションができる
  • 現役歯科医師によるオリジナル記事が届く
  • 症例ライブラリで今日の臨床に役立つ情報を検索
Facebookで登録 メールアドレスで登録

アプリダウンロードはこちら