今回の記事は日本の歯科医院へ向けて、新型コロナウイルスに関する現在ある正しい知識をもって院内感染対策に当たってもらいたいという筆者の思いから執筆したものである。

2020年3月現在、私の住むアメリカ合衆国は日本と比較し、新型コロナウイルスによる感染者数、死亡者数が上回っている。日本では感染者数は増えているものの死亡者数の増加が落ち着き、対策が成功したひとつの成功モデルだと感じている。

アメリカは日本とは異なり、国民皆保険制度でないため一概に比較するのは難しいが、アメリカ政府は国家非常事態宣言をし、欧州からの渡航禁止措置、NBA・MLS・MLBなどのスポーツイベントの延期、ディズニーワールドの休園と多くの機関で活動自粛措置が取られてきている。

日本の3〜4週間前と何ら変わりのない状態がアメリカでも起きている。私の住む街でもスーパーではマスク、手指消毒液、長期保存できる食材は売り切れている状態だ。

日本と異なり、普段からマスクを付ける文化のないアメリカでマスクが売り切れるのはとても不思議な光景ではあるが、それだけ大変な状態だということを少なくともこの街に住むアメリカ国民は危惧しているのだろう。

私の所属するフロリダ大学では今週から学生への授業はオンラインへ移行、大学院生を含む学生による診療業務はストップ、病院フロアは閉院後直ちに専門のスタッフによって消毒作業が行われている状態である。

筆者自身、アメリカに来る前は日本の大学病院や数件の歯科医院にて診療業務を行っていたため、日本の歯科医院での院内感染対策や衛生管理は医院ごとに異なり、ある一定水準はクリアしている事を願いたいが、一定レベルで満足してしまっている医院もあるのではないかとも感じている。

今回の情報をもとに新たに感染対策を立てるのではなく、既存のものがある場合はそれをベースに慎重にアップデートしていく事を推奨する。

以下のスライドは信頼度の高い歯系ジャーナルにてパブリッシュされた2つの新型コロナウイルスに関する論文を要約したものである。


まず、新型コロナウイルスの基本情報として。
※本記事においてはWHOによって発表された病名COVID-19と原因ウイルスであるSARS-CoV-2を一括してCOVID19と記載することとする。



COVID19のこの疫学的特徴として患者を特定し隔離することが困難であり、制御を非常に難しくしているため結果としてコミュニティに潜在的なCOVID19罹患者を蓄積する可能性がある。




The New York Timesではアメリカ労働統計局の調査により他の職業と比べ、医療従事者が病気や感染症に遭遇する可能性があり、最大の危険にさらされている事を報告している。

記事内に掲載されているグラフから、歯科医療従事者の分布をみると歯科技工士を除いた全ての職種がハイリスクにあたる事がわかる。


現在あるCOVID19への有力なアプローチは感染源を制御することである。適切な感染予防および制御手段を使用して、伝播リスクを低下させる必要がある。



もちろん、現在の状況において使用できる物資に限りがあり、入手困難なことは重々承知ではあるが、可能な限り実践してほしいと考えている。


罹患した患者をいち早く特定し、隔離、および支持療法を提供するのも伝播リスクを低下させるのに重要な手段である。ここでは実際に歯科医院に来院した患者をスクリーニングするための具体的な方法を紹介していきたい。




中国武漢市に位置する大学病院での事例である。歯科医院とは規模が異なり、今の日本の状況とは異なるが参考として知っていただきたい。

また、この大学病院では1/20以降、通常診療を停止し緊急性の高い治療を行っていたということも考慮していただきたい。


最後に

日本において歯科医院のような医療機関をストップすることは公衆衛生、地域医療にとって大きな打撃を与える可能性がある。また、歯科医師は患者のみならず医師本人やその家族、医院に携わるスタッフの健康を守る必要があるのも事実である。

この記事ひとつで完璧な院内感染対策が取れるわけではないが、ひとつの指標、知識として活用いただけると幸いである。また、新型コロナウイルスが新型であるがゆえに未だ得体のしれない未知のウイルスであるということも念頭におき、今回引用している信頼度の高い文献といえども、現状を考えれば読者の求めるエビデンスレベルの高い完璧な情報の提供は難しい状態にあるということも考慮していただきたい。

COVID19のいちはやい終息を切に願う。

歯科セミナーなら「1D(ワンディー)」で!

日本最大級の歯科医療メディア「1D」では、診療に役立つオンラインセミナーを多数開催中。もっと知りたい臨床トピックから超ニッチな学術トピックまで、参加したいセミナーが見つかります。

下記ボタンから、開催中のセミナーを見てみましょう!

参考文献

  1. Meng L, Hua F, Bian Z. 2020. Coronavirus disease 2019 (covid-19): Emerging and future challenges for dental and oral medicine. J Dent Res.22034520914246.
  2. Peng X, Xu X, Li Y, Cheng L, Zhou X, Ren B. 2020. Transmission routes of 2019-ncov and controls in dental practice. Int J Oral Sci. 12(1):9.
  3. Lazaro Gamio, The Workers Who Face the Greatest Coronavirus Risk. The New York Times, March 15, 2020
この記事は無料の会員限定です
会員登録して読む(無料)
ログインして読む