急騰・金銀パラジウム合金

急騰・金銀パラジウム合金

文・構成:H. Takizawa | 投稿日: 2019年11月03日

急騰する金パラ

金銀パラジウム合金は歯科関係者なら「金パラ」略称でおなじみの保険収載の歯科用合金であるが、その価格上昇はここ数年で著しいものになっている。

この記事では、金銀パラジウム合金とはそもそも何かから始まり、価格上昇の現状とその背景、歯科界への影響について考察してみよう。

金銀パラジウム合金とは?

金銀パラジウム合金とは、健康保険適用材料として利用されている歯科用合金である。

金が主成分の合金ではなく、銀が主成分で50%前後を占めている。

銀の硫化を防止するためにパラジウムが20%含まれており、熱処理硬化のために銅、耐食性の向上のために金が添加された合金である。

金の添加量は12%と定められていて、銀やパラジウムよりは含有量が少ないことが定められている。

過去15年間の価格の推移

2019年1月のとある業者での買取価格は1gあたり1,153円であるが、ここ15年でだんだん価格は上昇傾向にある。参考までにその買取価格を下記に示す。
  • 2014年1月 897円
  • 2009年1月 344円
  • 2004年1月 259円
2018年1月の1,311円からは落ち着いたものの、依然として高い状態が続いている。

(下図はパラジウム価格のチャート。https://www.tradingview.com/symbols/XPDUSD/ より抜粋・2019年11月3日14:11)
スクリーンショット 2019-11-03 14.10.18.png 393.28 KB
https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/image.oned.jp/sf8XAAzTDReKetkb2UAJOgFCC121pd7EYkiNR386.png

メタルインレーの材料費を計算してみる

大臼歯部のインレーに使われる金銀パラジウム合金を約2gとして考えて、金銀パラジウム合金インレーを作るための材料費を2009年と2019年で比較してみよう。

2009年1月は金銀パラジウム合金2gの買取価格が688円であるのに対して、2019年1月には2,306円に増えている。約3.3倍材料費が増えたことになる。

インレーの重さが2gだったとしても、実際はスプルー線や研磨のためにもう少しロスは大きくなる。

またこの価格は便宜的に金銀パラジウム合金の買取価格で計算しているため、実際の金銀パラジウム合金の販売価格で計算した場合、もう少し差は解離すると考えられる。

高騰の原因は?

金銀パラジウム合金の高騰は、世界でう蝕や歯冠補綴の必要性が増えたから、ではない。

金銀パラジウム合金の高騰は、成分の一つの「パラジウム」の価格高騰が主な原因とされている。

パラジウムは世界の市場では自動車の排気ガスの有害物質除去の触媒に使われることがほとんどだ。

中国で自動車排気ガス規制が強化され、ヨーロッパでは地球環境への意識の高まりやフォルクスワーゲン社のディーゼル車排気ガスの不正問題の影響で、ディーゼルエンジンの自動車の需要が減り、パラジウムが使われる低排出ガス車の需要が高まっている。

こうして、2019年3月や7月はパラジウムが金の価格を上回る現象が起きているのだ。

また、金やプラチナ(白金)の採掘の副産物としてパラジウムは採掘されるので、安定供給ができないのが現状である。

そして、パラジウムの生産の殆どはロシアと南アフリカでされるため、2国(特にロシアの)政治経済によって生産量と価格が変動することもある。

こうした自動車産業での需要を受けて、投資の対象としてパラジウムの市場に注目が集まり、投資の対象としてのパラジウムの需要が高まり、価格が更に上昇した一面もあるのである。

急騰が歯科界に与える影響

金銀パラジウム合金の価格は金・銀・銅・パラジウムの価格変動により変動するが、パラジウムが著しく価格が上昇したので、金銀パラジウム合金の価格自体も上がっている状態になっている。

また、保険診療では診療報酬の改定に合わせて金銀パラジウム合金の告示価格が厚生労働省から提示されるが、それにより患者が支払う材料費が決まってくる。

金銀パラジウム合金の価格によっては告示価格が市場価格を上回り、その差を歯科医院が負担することもあるのが現状なのである。

この公示価格の決定の過程は多くは開示されていないため、この過程の公開も一部では求められている。

歯科セミナーなら「1D(ワンディー)」で!

日本最大級の歯科医療メディア「1D」では、診療に役立つオンラインセミナーを多数開催中。もっと知りたい臨床トピックから超ニッチな学術トピックまで、参加したいセミナーが見つかります。

下記ボタンから、開催中のセミナーを見てみましょう!

参考文献

  1. https://kinpara-kaitori.com/graph02.html
  2. https://hodanren.doc-net.or.jp/news/teigen/190909_danwa_knpr.html
  3. 鋳造用金銀パ ラジウム合金に関する 歯科理工学的研究実態と、それに代わりうる歯科材料の研究の現状について (報告書)
  4. https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-10-28/why-palladium-is-suddenly-a-more-precious-metal-quicktake-k2ap4ryc
ユーザ登録してより快適に記事を読んでみませんか?
登録してもっと読む ログインして読む

いいねをするとFacebookで
新着ニュースが届きます

1D会員ができること

若手歯科医師の4人に1人が登録!
  • SNSで症例相談やディスカッションができる
  • 現役歯科医師によるオリジナル記事が届く
  • 症例ライブラリで今日の臨床に役立つ情報を検索
Facebookで登録 メールアドレスで登録

アプリダウンロードはこちら

記事に出てきた用語