「えっ!?こんなにやってもいいんですか!?」現役歯科YouTuber・キミのための歯医者さん(以下、キミ歯科)のお二人から思わず驚きの声が。

やましいことは一切なく、先日行われたブラッシング体験会での出来事のお話しです。

一度体験したら患者の心も、術者の心もグッと掴んで離さない「つまようじ法」を体験するため、V7歯ブラシを製造・販売する株式会社ピー・エム・ジェーご協力のもと、1D編集部はキミ歯科の二人と体当たり取材を敢行しました。

今回はその取材の様子を余すことなくお伝えします。

↓↓この記事を読んでくれた方限定↓↓
V7歯ブラシがもらえるキャンペーン実施中


聞いたことはあるけど、実際どうなの?

まず「つまようじ法」の歴史を、30年以上臨床を続けその効果を誰よりも実感している黒瀬真由美先生(岡山県開業)から丁寧にレクチャーしてもらいます。

歯周病患者がたった1ヶ月で健康な歯肉を獲得した症例に驚きを隠せません。

黒瀬先生にレクチャーを受けるキミ歯科の二人(左:緒方真理子さん、中:鹿乃さやか先生、右:黒瀬真由美先生)

まずは患者となって体験

やってみる前に患者体験してもらい、その「気持ちよさ」を実感してもらいましょうと言うことで、お二人には黒瀬先生の施術を受けてもらいました。

まずは歯科衛生士YouTuberの緒方真理子さんが体験。
つまようじ法を体感する緒方さん

「こんなに入れて大丈夫なの!?って感じです」。一般的なスクラビング法やバス法とは異なり歯間部に毛先をかなり差し込むブラッシング法に驚く緒方さん。全顎のブラッシングが終わった後で改めて感想を聞くと、「スケーリングされてるみたいな、でも全然痛くなくてすごい気持ちいい」。「つまようじ法」にハマる患者の心理がわかったと話してくれました。

続いて歯科医師YouTuberの鹿乃さやか先生も体験。
鹿乃先生もその効果を実感

「テーパードブラシでゴシゴシ磨いた感覚で、これで歯間乳頭が下がらないのが不思議!」体感したからこそわかる凄みと絶妙な心地よさで早くもハマる鹿乃先生。

黒瀬先生曰く「つまようじ法で毛先を歯間部に入れる時に、最初のうちは歯肉に毛先が当たりますが、腫れが引くと毛先はダイレクトに歯間乳頭に当たらず、毛の脇腹が当たるようになるので、歯間乳頭が下がり続けることはない」そうで、それでいてマッサージ効果もしっかりとあるのがこの「つまようじ法」の考えつくされたところです。

先生、患者には難しいんじゃ…

体験してもらった上で、キミ歯科のお二人から出た疑問は「患者が習得できるのか」というところ。確かに少しコツがいりそうで、一見難しく感じます。
顎模型でレクチャーを受けるキミ歯科の二人

しかし実際には「磨き方を習得する」必要はないと黒瀬先生は語ります。「術者に磨いてもらって、その感覚でブラッシングしてもらうことが重要。そうすれば自然と身につき、実践できます」。確かに「持ち方・動かし方」ではなく実体験として得た感覚を再現するだけと言われたら、誰でもできる方法かもしれません。
模型で術者目線の手技も学ぶ 

模型実習を経て、いざ実践へ

模型の次は生身の人間で、ということで急きょ株式会社ピー・エム・ジェーの草野社長に患者役となってもらい”術者磨き”を実践。草野社長は普段からご自身でも「つまようじ法」でブラッシングしているので、歯肉がめちゃくちゃキレイです。

 黒瀬先生のサポートを受けながら草野社長のブラッシングで感覚を確認します。「毛先をこんなに入れ込むことないので新鮮」と感動する緒方さん。
自ら被験者となってくれた草野社長

鹿乃先生も真剣な眼差しで実践。「草野社長すごい!全く汚れてない(笑)」。「つまようじ法」の効果が目に見えて感じられ驚きます。
つまようじ法を実践する鹿乃先生

めっちゃ気持ちよくて効果もすごかった「つまようじ法」

実はキミ歯科の二人と同時に筆者も体験させてもらったのですが、三人とも歯科医療者のくせにびっくりするくらい出血しました…。出血するのは歯肉に炎症があるからで、歯間部に潜在していた炎症の部分から出血したのだとのこと。そんな中で一滴も出血しない草野社長をみると「つまようじ法」の効果に感服せざるを得ません。つまようじ法を毎日続けると、1週間程度で全く出血しなくなるそうです。

誰にでもできるくらい簡単なのに効果的でハマってしまうブラッシング法、大抵どの歯ブラシでもできてしまうのも魅力的。ですがおすすめなのは専用に開発された「V7歯ブラシ(株式会社ピー・エム・ジェー)」です。
提供いただいたV7・V7 Air

 

歯ブラシの機能や素材もそうですが、まずは一回お試しいただくのが間違いないと思います。百聞は一見にしかず。

この記事を読んでくれた方、特別に無料サンプルのご提供をいただきました!限定なのでお早めにゲットしてください。



<今回ご協力いただいた方々>
黒瀬真由美先生

 


君のための歯医者さん(左・鹿乃さやか、右・緒方真理子)