【歯科メシ】昼休み15分。ブラック歯科勤務の限界DHの時短メシ

文・構成:Yuri Inoue | 投稿日: 2021年11月22日
「歯科衛生士の仕事」と言えば、歯科予防処置、歯科保健指導、歯科診療補助。しかし、歯科医院で働いている歯科衛生士の方なら「雑用の多さ」に辟易としていることでしょう。診療中は歯科衛生士業務をこなし、雑用の処理は昼休みへ。後輩が入ってくれば後輩指導も昼休みへ。

しかも、昼休みはだいたい15分。バタバタと忙しい歯科医院で働いている、歯科衛生士13年目の「時短メシ」をご紹介します。

DAY1:おにぎりと春雨スープ

片手で食べながら作業のできるおにぎりは、時短メシのテッパン。片手でおにぎりを食べながらパソコンで在庫の注文をする...なんてザラです。

春雨スープはウォーターサーバーから熱湯を注ぐだけなので、すぐ出来上がり。女子なら共感してくれると思いますが、やっぱり急いでいても、温かいものを食べたいですよね。昼休みはキャビネットがテーブルになる事もしばしば(消毒済み)。


DAY6〜7:休日も時短レシピ

週5勤務なので、時短メシは週5日。と思いきや、家でも時短メシを作っています。最近は、材料を混ぜるだけの明太子クリームパスタにハマっています。すぐできるのに簡単で美味しい!着実に時短レシピのレパートリーを増やしていっています。

歯科衛生士は時間がない

いつも時間に追われ、バタバタと働く歯科衛生士。もちろん職場によってまちまちだと思いますが、歯科衛生士の仕事は多岐にわたっています。

この生活を始めて15年が経とうとしていますが、自然と時短術が身に付いてしまいました。体力的にもキツくなってきた30代中盤、時代は令和、働き方改革しようかな。
このコンテンツは会員限定です。
無料登録してもっと読む ログインして読む

いいねをするとFacebookで
新着ニュースが届きます

1D会員ができること

若手歯科医師の4人に1人が登録!
  • SNSで症例相談やディスカッションができる
  • 現役歯科医師によるオリジナル記事が届く
  • 症例ライブラリで今日の臨床に役立つ情報を検索
Facebookで登録 メールアドレスで登録

アプリダウンロードはこちら