歯科衛生士のなり方・必要な資格は?なるために必要なことを解説

歯科衛生士のなり方・必要な資格は?なるために必要なことを解説

文・構成:1D公式アカウント | 投稿日: 2021年06月11日

歯科衛生士のなり方・必要な資格は?なるために必要なことを解説

本ページでは、歯科衛生士という職業のなり方や資格、歯科衛生士になるための必要なことについて、解説を行なっていきます。特に歯科衛生士学校の選び方や歯科衛生士国家試験の難易度・合格率、就職や職場についても詳しく触れていきます。

本ページの主な対象は、これから歯科衛生士になろうとしている方や、歯科衛生士という職業について興味・関心がある方を対象としています。

歯科衛生士の仕事とは?

歯科衛生士は、歯・口腔の健康を守るプロフェッショナルです。歯科医師の指示のもと、責任感を持って患者さんの予防に関する処置や保健指導、歯石除去などをおこないます。

歯科衛生士の仕事は歯科衛生士法という法律に規定されています。歯科衛生士法によれば、歯科衛生士の主な業務は、う蝕(むし歯)や歯周病の予防を目的として処置を行う「歯科予防処置」、歯磨き指導や禁煙指導、患者さんの生活習慣に対する指導などの「歯科保健指導」、また歯科医師が歯科診療を円滑に行うことができるようサポートする「歯科診療補助」といった業務があります。

これらの「歯科予防処置」「歯科保健指導」「歯科診療補助」は、歯科衛生士の三大業務とも呼ばれています。

しかし実際には、歯科衛生士の仕事は多岐に渡ります。歯科治療で用いる材料の在庫管理から受付・患者さんの接遇まで、歯科医院全体がチームとなって患者さんの健康づくりを支援できるように、主体的に動いていく役割が歯科衛生士の仕事です。

したがって、歯科衛生士は「主体的・能動的に動くことができる」「サポートしていくことが好き」といった性格・パーソナリティの方におすすめな職業であると言えます。

歯科衛生士になるには

歯科衛生士という職業は、国家資格です。歯科衛生士になるためには、歯科衛生士学校を卒業して、歯科衛生士国家試験に合格する必要があります。

大学や専門学校で学んで国家試験の受験資格を得る

歯科衛生士になるには、歯科衛生士学校に入学し、3年以上の勉学の期間を経て、卒業する必要があります。歯科衛生士学校には「大学」「短期大学」「専門学校」の3つの種類があり、いずれも3年以上の修業が必要です。

歯科衛生士になるには歯科衛生士学校に通う3年間で、解剖学や生物学などの基礎科目から、実際の歯科医院で歯科診療を学ぶ臨床実習まで、多くのカリキュラムをこなす必要があります。

特に、歯科衛生士学校の卒業生からは「歯科医院での臨床実習が辛かった」という声が多く寄せられています。歯科医院での臨床実習は基本的に3年次でのカリキュラムであることが多いですが、まだ現場を全く知らない分、実際の現場で戸惑ってしまう学生さんも多いようです。

厳しい3年間の授業・実習を経て、ようやく歯科衛生士学校を卒業することができれば、歯科衛生士国家試験の受験資格を得ることができます。

国家試験を受験する

歯科衛生士国家試験自体は、合格率の低い試験ではありません。ここ数年の歯科衛生士国家試験の合格率は約95%と高止まりしており、きちんと対策をして臨めば合格することができるでしょう。

もちろん、合格率95%と言えど、油断することはできません。受験資格に規定のない試験とは異なり、3年間勉強したとしても5%は不合格になる試験です。しっかりと事前の準備をして臨みましょう。

歯科衛生士の学校の選び方

それでは、歯科衛生士になるために、どのような判断基準・判断軸で学校を選べば良いのでしょうか。

先ほど、歯科衛生士学校には「大学」「短期大学」「専門学校」の3種類があるとお伝えしました。これらの学校の種類には、どのような違いがあるのでしょうか。

まず、大学は4年制であることが多いです。専門学校と比べると数は限られていますが、介護や福祉などといったさまざまな分野を学問として学ぶことができます。また、卒業すれば学士の資格取得も可能になります。

歯科衛生士になる上での大学・短期大学のメリットとしては、「歯科衛生士だけでなく幅広い分野を学べる」「将来の選択肢やキャリアが増える」「学校によっては介護や福祉、コミュニケーション能力、IT関係などといった分野も学べ、現場に強い歯科衛生士としても活躍できるようになる可能性がある」といったところでしょうか。

一方で大学・短期大学のデメリットとしては、「そもそも大学の数が少ない」「専門学校と比べると国家試験対策が充実していない場合が多い」などの点が挙げられます。

一方で、歯科衛生士になる上での専門学校のメリットとしては、「歯科衛生士になるために特化したカリキュラムを効率よく、3年間で学べる」「歯科衛生士国家試験の合格率が高い」「大学・短期大学と比べて学費が安い」などの点があります。

一方で専門学校のデメリットは「一般教養や他の分野を学べる機会が少ない」「時間割制なので自分で好きな講義を自由に選ぶことが出来ない」「歯科衛生士以外での就職が難しい」などの面があると言えるでしょう。

歯科衛生士国家試験の内容

歯科衛生士学校を卒業したら、歯科衛生士国家試験を受験することとなります。その試験科目を、厚生労働省のホームページより引用しましょう。

人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能、歯・口腔の構造と機能、疾病の成り立ち及び回復過程の促進、歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み、歯科衛生士概論、臨床歯科医学、歯科予防処置論、歯科保健指導論及び歯科診療補助論

基本的には、歯科衛生士学校の講義で習ったことが出題されます。実際に歯科衛生士国家試験で出題された、過去問を解くことも有効な対策法です。

歯科衛生士国家試験の難易度・倍率は?

国家試験の受験者数・合格者数・合格率

それでは、歯科衛生士国家試験はどれくらい難しいのか、毎年どれくらいの合格者が出ているのかについて解説をしていきましょう。

歯科衛生士国家試験の合格率は、先ほど説明したように近年では95%程度となっています。参考例として他の医療系・コメディカル系職種の国家試験合格率は、看護師国家試験は90%程度、理学療法士国家試験は83%程度、介護福祉士国家試験は69%程度、診療放射線技師国家試験は80%程度となっています。

総じて、歯科衛生士国家試験の合格率は高いということがわかるでしょう。

歯科衛生士の勉強は難しい?

とはいえ、これも先ほど触れたように、歯科衛生士国家試験には厳しい受験資格があります。試験内容も基礎医学から臨床歯科医学まで多岐に渡るため、合格率が高いとはいえ難易度の易しい試験とは言えません。

しかし、3年間の勉学・実習期間を経て受験すれば多くの方は合格することができる試験ですから、今から歯科衛生士学校に入学することを検討している方は、国家試験の難易度の心配はそこまでしなくても問題ないでしょう。

歯科衛生士の職場は?

歯科衛生士国家試験に合格し、晴れて歯科衛生士になった後は、どのような就職先・職場が待っているのでしょうか。歯科衛生士の大半は、一般的な歯科医院・デンタルクリニックで勤務することになります。

歯科医院に就職し、その歯科医院で歯科診療の流れや歯科衛生士としてのスキル・知識を学び、他の歯科医院に転職をしたり、または歯科関連の企業や行政職・公務員として働き始めたりなど、キャリアは開ける可能性があります。

歯科衛生士の給与や年収

最後に、歯科衛生士の給与や年収は、実際のところどれくらいなのでしょうか。これから歯科衛生士を目指す方にとっては、目標は高いに越したことはありません。

厚生労働省の2019年の賃金構造基本統計調査によれば、歯科衛生士の給与は年収換算で370万円ほど。月給だと27万円ほどとなっており、これにボーナスが加わる形です。

また、女性の場合は結婚や出産、育児などのライフイベントに合わせて、非常勤でパート・アルバイトという雇用形態で歯科衛生士として働くことも多いでしょう。その場合の時給は、筆者が複数の歯科衛生士求人サイトや歯科医院の求人を調査したところ、時給1,300〜1,400円という歯科医院が多いようです。安い歯科医院で時給1,100円程度、高いところでは時給2,000円の歯科医院もあります。

一般的なパート・アルバイトや派遣での平均時給は1,000円〜1,400円程度であるため、歯科衛生士は高時給で働くことができる職業であるということが言えます。

まとめ

本ページでは、歯科衛生士のなり方や歯科衛生士学校の選び方などについて、解説をしてきました。冒頭でもご説明した通り、歯科衛生士は歯・口腔の健康を作るプロフェッショナルな医療職種です。

主体性が強く、サポートすることが得意な方はぜひ歯科衛生士という職業について、もっと深く知ってみてはいかがでしょうか。

監修者情報

松岡 周吾

歯科医師。1992年千葉県生まれ。2016年鶴見大学歯学部卒業、歯科医師免許を取得。2017年同大学附属病院歯科医師臨床研修修了、東京歯科大学大学院博士課程に入学。2018年同大学院退学後、株式会社Dentability(現・ワンディー株式会社)を創業。

ユーザ登録してより快適に記事を読んでみませんか?
登録してもっと読む ログインして読む

いいねをするとFacebookで
新着ニュースが届きます

1D会員ができること

若手歯科医師の4人に1人が登録!
  • SNSで症例相談やディスカッションができる
  • 現役歯科医師によるオリジナル記事が届く
  • 症例ライブラリで今日の臨床に役立つ情報を検索
Facebookで登録 メールアドレスで登録

アプリダウンロードはこちら

記事に出てきた用語