文献を読まない衛生士が生き残れない理由

文献を読まない衛生士が生き残れない理由

文・構成:本吉 ひとみ | 投稿日: 2019年12月12日

すべての論文が信頼できるとは限らない

臨床現場で働く上で、悩むことはないだろうか。臨床現場では必ずしも明確な答えがあるとは限らないからだ。学生の頃はテストで正解・不正解があったが、臨床現場でははっきりと述べることができないことも多々存在する。

治療法には科学的な根拠が存在する。それはEBMである。EBM(evidence-based medicine)とは、根拠に基づく医療のこと。エビデンスレベルの高い文献があり、”一般的に言えること”がわかったからこそ現在の治療法が選ばれているのである。しかし、すべての論文が信頼できるとは限らないところは注意が必要だ。

歯科衛生士が文献を読むべき理由

歯科衛生士は歯科医師の指導の下に仕事を行うので、歯科医師から回答を得ることも多いだろう。しかし、その理由を知りたくなることはなかっただろうか。親切な歯科医師であれば丁寧な指導もあったかもしれないが、多くはそこまで時間をかけられていないのが現実である。

よって歯科衛生士も自ら学んでいく必要がある。受け身でいるだけでは成長はできず、給料だって上がらない。歯科衛生士も「なぜこの治療がされているのか?」「なぜこの選択なのか?」を知る必要があり、そのために文献が存在する。

文献を読むなんて秀でた歯科衛生士しかできないと思われるかもしれない。しかし、まずは有名な文献から手を出してみると、想像よりも気軽に読むことができるだろう。

そこで今回は、文献を読む上で最低限知っておくことや読み方のコツをご紹介する。

文献を読む時のコツ

文献の探し方だが、一般的には『PubMed』と呼ばれる検索エンジンを使用する。アメリカ国立医学図書館(NLM)が運営しているもので、医学に関する参考文献や要約を掲載するMEDLINEなどへアクセスできるツールである。PubMedの文書には全文記事へのリンクが含まれており、ものによっては全文無料で利用することができる。

しかし、アメリカのサイトのため、基本的には英語だけ。英語が読めるのが理想だが、難しいこともあるだろう。現在は翻訳サイトなども充実していて精度も上がっているため、コピペして翻訳すれば多少日本語の違和感はあれど、だいたいの意味は把握することができる。

日本語のサイトだと『医中誌Web』がある。有料版で利用するようになるが、無料・登録不要で試すことができる「デモ版」もある。検索対象が2018年前半の6ヶ月分に限定されるほかは、有料版とほぼ同等の機能を使うことができる。

名前で検索するときはAND、OR、NOTを使用すると探しやすくなる。
歯肉炎と歯周炎を調べたいときはAND検索、どちらかひとつだけ検索したいときはOR検索、歯肉炎を含まず歯周炎だけ検索したいときはNOT検索をしよう。

他に、2つ以上の単語を組み合わせて検索したいときはダブルコーテーションを使うと、囲われたなかの並びのままで検索されるのでより絞って探すことができる。

単語の前方だけ同じものを一気に検索したいときは、キーワードの後にアスタリスク「*」をつける。歯周*で検索すると歯周病も歯周炎も歯周組織も検索に引っかかってくるようになる。

書籍やシステマティックレビューで情報収集しよう

もし、自分で文献を探すのが難しければ、良質な文献を集めた本などもある。読みやすく要約してくれているものもあるため、はじめての人にオススメである。その後、本の最後に載っている引用・参考文献をネットで検索してみるのもいい。本のなかで紹介されている文献は信頼性の高いものを紹介していることが多い。PDFでそのまますぐにダウンロードできるものもある。

また、システマティックレビューを読むのもオススメである。質の高い複数の研究を収集し、そのデータを総括して評価しているものなので、さらに信頼性の高いものとなっている。

文献を読む上でわからない単語

研究には基礎研究、非臨床研究、臨床研究がある。基礎研究では研究室で新しいものを発見するもの。非臨床研究は動物で安全性や有効性を確認するもの。臨床研究はヒトで安全性や有効性を確認するもの。基礎研究→非臨床研究→臨床研究を経て実際の現場に使われるのである。

文献にはin vitroとin vivoの記載がある。in vitroは“試験管内で(の)”という意味で、試験管や培養器などの中でヒトや動物の組織を用いて、体内と同様の環境を人工的に作り、薬物の反応を検出する試験のことを指す。

In vivoは“生体内で(の)”という意味で、マウスなどの実験動物を用い、生体内に直接被験物質を投与し、生体内や細胞内での薬物の反応を検出する試験のことを指す。

in vivoとin vitroの区別は専門分野で異なるのだが、in vivoはより臨床に近いものと捉えておこう。

研究の仕方には量的研究と質的研究がある。質的研究は主に観察法や面接法を用いてデータを収集し、分析を行うもの。一方で量的研究は実験法や調査法を用いて数量的なデータを収集して統計手法を用いるもの。

文献の信頼性を知るための4つのポイント

・被験者の数
・比較対象がいるかどうか
・グループ分けの方法
・盲検化されているか(単純盲検・二重盲検・三重)

被験者数が多く、比較対象がいるほうが信頼性が高くなる。また、グループ分けをランダムにされており、先入観がないように盲検されているほうがより良い。プラセボ効果や観察者バイアスの影響を防ぐ意味がある。

科学的根拠またはエビデンスの良さは、上に行くほど強くなる。
①臨床診療ガイドライン
②メタアナリシスシス/システマティックレビュー
③ランダム化比較試験
④コホート研究
⑤症例対照研究
⑥症例報告
⑦動物実験や実験検査

よく耳にするのはシステマティックレビューやランダム化比較試験、症例報告であろう。システマティックレビューは先程述べた通りである。

ランダム化比較試験(RCT:Randomized Controlled Trial)とは、評価のバイアス(偏り)を避け、客観的に治療効果を評価することを目的とした研究試験の方法である。システマティックレビューの次に根拠の質の高い研究手法だ。

症例報告(case report)は、個々の患者についての詳細な報告のことである。症状、兆候、診断、治療、追跡調査の詳細をまとめたものをいい、医学的証拠の階層の中では最も最下位となる。

文献が良いものでも現場で使えるかは難しい問題である。だからこそ現場を考えながら文献を読んでいく必要がある。文献が信頼できるものなのか、また自分たちの臨床でどのように使っていくことができるのかを考えていくことが、今後は歯科衛生士にも求められるだろう。

歯科セミナーなら「1D(ワンディー)」で!

日本最大級の歯科医療メディア「1D」では、診療に役立つオンラインセミナーを多数開催中。もっと知りたい臨床トピックから超ニッチな学術トピックまで、参加したいセミナーが見つかります。

下記ボタンから、開催中のセミナーを見てみましょう!


参考文献

  1. 『歯科衛生士のための臨床歯周病学のエビデンス活用BOOK』関野愉, 2017.
ユーザ登録してより快適に記事を読んでみませんか?
登録してもっと読む ログインして読む

いいねをするとFacebookで
新着ニュースが届きます

1D会員ができること

若手歯科医師の4人に1人が登録!
  • SNSで症例相談やディスカッションができる
  • 現役歯科医師によるオリジナル記事が届く
  • 症例ライブラリで今日の臨床に役立つ情報を検索
Facebookで登録 メールアドレスで登録

アプリダウンロードはこちら

記事に出てきた用語