それって意味あるの? 歯科医院に潜む謎ルール②

1D編集部
2023年10月27日
※この記事は前回の続きです。


いまだ数多くの「謎ルール」が蔓延っている歯医者。

コンビニより多いと言われる歯科医院では、それぞれ独自のルールが取り決められ、その独自性、悪く言えば常識では考えられない劣悪規則に、歯科医従事者らは苦しめられていると聞く。


今回はそのような悪名高き「歯医者の謎ルール」を集めて裁いてみた。



評価基準

方法としては、SNSや1D社内の現役歯科医療関係者らから謎ルールを集め、それらを以下の評価基準で点数をつけていく感じだ。

●理不尽度  ★★★★★
ルールの理不尽さを示す。「明確な根拠もないし、それ院長の気まぐれで作っただろ!」

●特殊度   ★★★★★
ルールがいかに特殊かを示す。「他の医院、会社ではありえない!」

●意味不明度 ★★★★★
ルールの意味不明さを示す。「存在が謎過ぎる!」

●時勢不一致度★★★★★
ルールがいかに時代遅れかを示す。「現代にこんな凝り固まった規則が⁉」  


それぞれ5点、合計20点満点でルールの謎さを表す。

得点が高いほうが謎さマシマシだ。

今回は9位から1位まで紹介する。


9位 11pt 
「新人は先輩より先に休憩や退勤をしてはいけない暗黙のルール」

理不尽度  ★★★
特殊度   ★
意味不明度 ★★★
時勢不一致度★★★★

ありがちな謎ルールだ。そのため特殊度は1だが、やはり解せぬ。そして時代遅れ。まるでブラック部活の上下関係。確かに先輩を敬い慕うことはあらゆる面で大切になってくるが、休憩や退勤に関してはそれと別である。まして付き合い残業などは自身だけでなく、医院全体としても非効率だ。自分の業務を早く終わらせ、定時に帰れる者こそ優秀なのではないか。


9位 11pt 
「院長のことは『キャプテン』と呼べ」

理不尽度  ★★★
特殊度   ★★★
意味不明度 ★★★
時勢不一致度★★

嫌だというよりは、むしろかわいいまでもある。意味的にはキャプテン(集団の統率者)で問題ないのだが、あえてそう呼ばせる謎のこだわりは、なにゆえなのだろうか。返事が「イエッサー!キャプテン!」だったら、そういうコンセプトの歯医者なのかもしれない。歯科航海士のユニフォームがワンピースなのも納得できる。「大船に乗ったつもりでついてこい!」と朝礼を締めるキャプテンなら相当な信頼度。


7位 12pt 
「タイムカードはあるけど、定時に切ってからまた仕事に戻る」

理不尽度  ★★★
特殊度   ★★
意味不明度 ★★★
時勢不一致度★★★★

タイムカードが無意味と化す瞬間だ。その後の仕事が自己研鑽などと医院のためだとは一概に言い難い場合は微妙だが、明らかな業務ならいわゆるサービス残業となる。せっかく業務が終わった時刻を自動で記す便利な機械があるというのに、毎日同じ時間を記録させているだけなんてもったいない。正しい使い方をしましょう。


7位 12pt 
「ヘアアクセサリーは拳の大きさ以下」

理不尽度  ★★★
特殊度   ★★★
意味不明度 ★★★
時勢不一致度★★★

確かに大きすぎるヘアアクセサリーを着用することは場違い感が出るが、そこまで細かく規定しなければならないのかというのが驚き。そもそも拳より大きなヘアアクセサリーというものをあまり想像できないのだが…。どうしてもドデカヘアアクセサリーをつけたいのであれば、拳を大きくするところから始めたほうが良いのかもしれない。(ちなみに拳を大きくする方法はネットでたくさん出てくる)。


6位 13pt 
「グローブを変えなくても石鹸で洗えばきれいという謎理論」

理不尽度  ★★★★
特殊度   ★★★
意味不明度 ★★★
時勢不一致度★★★

コスト削減でグローブは1日2枚まで(午前中1枚、午後1枚)しか変えさせてもらえないらしい。どう考えても不衛生である。グローブのゴミが大量に出てしまうのは経済的にも環境的にももったいないことだが、衛生面は決してケチるべき出費ではない。いづれグローブを変えてないことに気づいた患者が離れていき、そのような医院は淘汰されてしまう未来が待っていることだろう。

5位 15pt 
「お昼ご飯のレンチンは、勤続年数の長い順」

理不尽度  ★★★★
特殊度   ★★★
意味不明度 ★★★
時勢不一致度★★★★★

上下関係がレンチンにまで影響してくるとは! まさしく謎ルールである。そのうち「お弁当に手を付け始めるのは先輩から」みたいになりそうだ。まるでサルの親分と子分の関係。よく言えば、統率がうまくとれた集団。悪く言えば、自由にレンチンもできないサル集団。ちなみに先輩が10分とかいう訳分からない時間レンチンし始め、お弁当が温められなくなった時の対処法として、ジップロックに入れた弁当をお湯につける等がある。お試しを。


3位 16pt 
「出勤の服装はスカート禁止」

理不尽度  ★★★★
特殊度   ★★★★
意味不明度 ★★★★
時勢不一致度★★★★

ついにトップ3だ。3位タイの謎ルールがこちら。勤務中ではなく出勤前もスカート禁止なのだとか。「他の男にそんな姿見せたくない…」とか言ってくる独占欲強め彼氏かよ。出勤前がスカートで何か問題があるのだろうか、と考えてみたが何も思いつかない。これは私の想像力が乏しいだけなのだろうか。ちなみに労働基準法では出勤前は労働時間に含まれないため、会社の命令に従わなくて大丈夫らしい。「そんなの私の自由よ!」と独占欲強め彼氏を一蹴しよう。


3位 16pt 
「患者さんを呼ぶときに『お待たせしました』と言ってはいけない」


理不尽度  ★★★★★
特殊度   ★★★★★
意味不明度 ★★★★
時勢不一致度★★★

待たせているのに「お待たせしました」と言ってはいけないとは何事だろうか! 「お待たせしました」は失礼ではなく、丁寧な接客態度で大変良いのではないか。何も言わない方が「こんなに待ったのに失礼な!」となりそうなところだ。少し気になるので調べてみたところ、「お待たせしました」より「遅くなりました」の方が感じが良いという記事があった。理由としては「仕方がなく待っていたところを、あたかも自分が喜んで待っていたかのように『お待たせしました』と言われるのは癪に障るから」というものであった。ハンバーグを待ちわびるときの「お待たせしました」と、ようやく治療の番が回ってきたときの「お待たせしました」はわけが違うのだという。これを聞くと少しばかり納得できる。だがしかし、こんな些細なニュアンスの違いを気にするとは、やはり謎ルールだ。


2位 17pt 
「トイレに行くときの経路が最短距離でないとダメだと院長に監視されて怒られる」


理不尽度  ★★★★
特殊度   ★★★★★
意味不明度 ★★★★★
時勢不一致度★★★

お待たせしました、気になる2位に輝いたのはこの謎ルール。そんなことで怒られるなんて理不尽で意味不明だ。むしろスタッフの移動経路を監視できるほど暇なんて院長が羨ましい。そもそも最短距離をとることで時間が変わるだなんて、相当広大な歯医者なのだろう。「最短経路を検索します…」とGoogle Mapで経路検索をかけたほうがよいかもしれない。


1位 18pt
「『そうですよね』といったら『ね』をつけるなと怒られた」


理不尽度  ★★★★★
特殊度   ★★★★★
意味不明度 ★★★★★
時勢不一致度★★★
 
1位はこちら。「ね」をつけると失礼に聞こえるらしい。対患者か対上司かによって変わってくるが、どちらにしろ失礼に感じることはほとんどない。「そうです」と言い切るのでなく「ね」をつけることで相手に判断の余地を与え、感じが良くなるのではないか。少しばかり不快に感じる人がいたとしても、「ね」1文字の有無に縛りをかけるのは十分に謎ルールである。




以上が今回集めた謎ルールの評価となる。

実に様々な謎ルールがあったが、探せばもっと理解困難なルールが出てくるかもしれない。

はたから眺めている分には面白いのだが、もし遭遇してしまえばストレスで一杯になってしまいそうだ。

せめて意味のあるルールが増えることを切に願う。
著者/監修者
1D編集部
歯科医師

1D編集部は、臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士で構成されています。歯科業界の最新ニュースから歯科医療の臨床・学術情報、歯科医療者のためのライフスタイル記事まで、歯科医療の専門家の視点で、ただしく・おもしろいコンテンツをお届けします。

関連ニュース

【槻木恵一寄稿】唾液検査に「ちょっと待った!」

近年、PCR検査をはじめ様々な検査の検体として唾液が用いられるようになった。中でも国民皆歯科健診を控え、歯周病のスクリーニングとして唾液検査が検討されていることは歯科界においても注目が高いだろう。唾液検査は簡便で患者の負担も少なく非常に有益であるが、そのイメージだけが先行し乱雑に応用されることの危険性について専門家たちが警鐘を鳴らしている。今回は特定非営利活動法人日本唾液ケア研究会理事長であり、神奈川歯科大学副学長の槻木恵一先生に特別に寄稿いただいた。唾液検査学は未成熟である唾液を用いた検体検査は、新型コロナウイルスに対するPCR検査の普及で、短期間に大きく国民の認知を得ることができた。これは急激な変化であり、そのプラスの面とマイナスの面を十分考慮しないといけないと考えている。特にプラスの側面としては、唾液検査の認知度の飛躍的な向上であるが、一方でせっかく認知された唾液検査が、マイナスの側面により、後退することがあってはならないと危惧をしている。マイナスの側面とは何だろうか。最大の問題は、唾液検査学という学問が未成熟で確立されていないことである。検査というカテゴリーに属する事項であれば、ヒトを対象としていることから、そこには厳粛な対応が必要であり、裏打ちされた学問に基づかなければ、単なる民間療法の域をでないことになる。そして、国民から唾液検査そのものが怪しいものに映るかもしれない。実際、インターネットで購入できる唾液検査の商品にはクオリティの低いものが登場している。唾液という存在を扱い体系的な教育を行っているのは、歯学部や歯科衛生士の養成課程であり、医師、薬剤師などでは唾液に関する教育はほとんど行われていない。看護師と管理栄養士の国家試験では口腔ケアに関連し唾液が出題されることがあるようなので、何らかの科目で触れているのであろう。これらの教育状況を考慮すると唾液の主たる専門家は、歯科医師と歯科衛生士であることは疑いない。すなわち、唾液検査学をリードするべき使命が歯科医師や歯科衛生士にはあると確信している。本解説では、唾液検査の歴史、世界的動向、唾液検査の問題点などを踏まえて、最後に唾液検査に関する提言を行いたい。歯科医療における唾液検査現在の唾液検査の現状を鑑みると、唾液検査といっても大きく2つに分類できる。歯科系唾液検査とそれ以外である。それ以外に分類される唾液検査が扱う領域は非常に多岐である。ここでは、歯科系の唾液検査以外を臨床唾液検査と称したい。歯科医療における唾液検査の利用目的は、う蝕のリスク診断、歯周病のリスク診断や病勢診断などになる。しかし、これらは本格的な保険導入がされていないことから、主に自費での扱いになり、意外に歯科医療においては唾液検査への関心は薄いのではないだろうか。そのことが、口腔という乾燥を大敵とする臓器において、極めて重要な生理的働きを行う唾液の機能性に注目をしない歯科医療が続いているような気がする。例えば、唾液量を測定するだけでも、口腔の疾患に対するリスク要因を理解でき、う蝕や歯周病の診療にも大いに役立つ情報の筈である。う蝕や歯周病の病変の特徴は、予防が効果的な病変であることである。特にう蝕に対して生体は、免疫機構や再生現象が働かず、すなわち自然治癒がないので、そもそも病気にならないことが最も重要である。その点では、医科で扱う疾患概念とは大きく異なる病変と言える。医科は、やはり治療主体の医療であり、病気を治すことができなければならないが、歯科は、病気にさせない取り組みこそ、病変の特徴から考えて重要な医療としての役割ではないだろうか。そのための検査として唾液の有用性には疑いがない。昨今取りざたされている国民皆歯科健診においては、そのスクリーニング検査として唾液検査が導入される可能性が指摘されている。国民皆歯科健診は、その趣旨に沿い実行されれば、8020運動と同様に成果を上げ、そして国民の健康レベルを底上げできると考えられる。その理由は簡単で、歯科医療が扱う病変はもともと予防が効果的に実行できるからである。そして、唾液検査からはじまる国民皆歯科健診となった場合、唾液検査の歴史上、歯科医療における初めての唾液分野でのブレイクスルーとなることが予想できる。だからこそ成功させたい。医科では3度のブームが到来歯科系の唾液検査について医中誌で調査すると最も古い文献は、1982年の「歯科臨床における口腔環境評価へのアプローチ唾液検査用試験紙(pH,緩衝能,潜血およびグルコースクリアランス)の実用化」という原著論文である。口腔環境評価というタームは、非常に重要で、口腔環境とは唾液そのものである。口腔という臓器は進化の過程で考えると、海中から陸上に上がるにあたり、大きな変化が起こっている。それは、海中では口が乾燥することは無く、水流が常に生じているので汚れることも無い。そのため魚にはう蝕が無い。しかし、陸上に生活の場を変えたことで、口が乾燥する状況が生じ、唾液による100ミクロンの薄い流体で覆われるシステムが備わった。また、口から食べることにより、嚥下や咀嚼に唾液が必要となり大唾液腺が発達してくるし、食べるものの違いで唾液の組成が進化していく。この様に、唾液は口腔の機能維持や感染予防としての機能を発達させてきており、進化の側面から考えると唾液が如何に重要かわかる。しかし、口腔の評価としての唾液を用いた歯科系唾液検査が、話題を呼ぶことは20年来一度もない。一方で、臨床唾液検査では3回の社会を賑わすブームが存在している(図)。唾液ブームの1回目は、約22年前の1999年頃に唾液を用いたストレス測定が大きな話題となった。唾液中のクロモグラニンが精神ストレスと関連することを見出し、トヨタ製の車の乗り心地の評価に使われた。さらに、2007年頃、アミラーゼでもストレスの測定ができることを示し、簡易的に測定できるアミラーゼモニターが開発され、唾液検査において社会実装された初めての機器となった。現在でも販売されている。その他、IgA、コルチゾールなどストレスを測定する唾液マーカーが開発されている。2回目のブームは、2010年頃に唾液からがん診断できることが発見され、マスコミから大きな注目を集めた(後程解説あり)。3回目のブームは、唾液を用いた新型コロナウイルスの検出である。唾液を用いた感染症の診断で保険収載されており、完全な社会実装を短期間で獲得した。これら3つのブームの立役者は、システムエンジニアと医師であり歯科医師ではない。現在でも、唾液の特徴である非侵襲性が注目され唾液検査の開発競争が様々な企業で展開されている。臨床唾液検査の開発と世界的動向唾液は、血液から産生されることから血液中の成分が移行してくる。すなわち血液と唾液は相関性が高いはずである。しかし、相関する成分もある一方、相関性のないことも多い。相関性がある場合も、一般的に血液より唾液の方が100倍から1000倍濃度が低い。すなわち薄まっている。これまで、臨床唾液検査で、非常に成功しているのは、主に感染症の診断である。HIVの唾液による抗体検査は正診率が92%といわれている。この場合の抗体は、感染後に血中に存在する抗HIV抗体であり、血中から移行してきた抗体を検出している。同様の理論で、新型コロナウイルスに対するIgG抗体検査も存在するが、抗体の形成には時間がかかることから、今現在の感染を診断するためにはPCRが用いられてきた。今後も感染症の診断に唾液検査の開発が進むと思われる。また、癌のリスク検査については、メタボローム解析を用いたAIによるリスク判定が社会実装されている。膵臓癌、胃癌、大腸癌などの癌のリスク診断に関しては、論文も非常に多く信頼性が高く、世界をリードする研究として発展している。癌に関する唾液検査は、アメリカUCLAのDevid Wong教授の研究がリードしていたが、現在では日本が最先端を走っている。唾液による診断への応用は、分析技術の進歩により、唾液プロテオーム、トランスクリプトーム、マイクロRNA、メタボローム、およびマイクロバイオームを調査する「唾液オミクス」と呼ばれる新しい時代が開かれており、臨床唾液検査は極めて有望な分野であることは間違いない。唾液検査「最大の難点」唾液検査と血液検査を比較すると、唾液検査の利点は簡便で非侵襲性に採取でき、誰でもできるという事が挙げられる。一方で、欠点もあるのだが、唾液検査の利点ばかりに注目されてきたところに問題があるのではないかと考えている。結論から示すと唾液検査は、血液検査と比較して、基準値の設定が難しい点が最大の難点である。特に単一の出口から唾液が出ればよいが、実際は3大唾液腺からの分泌により混合されてしまう。また唾液が口腔内に放出された瞬間から、空気に触れpHの変動範囲は、血液よりかなり大きい。また、口腔細菌により代謝されることで成分の変動や不純物が大量に含まれてしまう。この様に唾液は、血液のような濃度調整が厳密に行われた液体ではないのである。さらに、採取法によっても成分の変動が生じることが報告されている。この難題に対して、唾液中の成分の濃度をnormalizeする内部標準の開発や、適切な採取条件についてのガイドラインの作成など、唾液を扱う研究者が集まり検討が求められている。唾液学・唾液検査学の学問的確立に向けて唾液の取り扱いの標準化は、今後の唾液検査の開発には非常に重要な要素である。新型コロナウイルスPCR検査で唾液検査が急激に一般化したため、唾液の検査における基盤作りが間に合わない状況にあるため喫緊の課題と認識している。今後、歯科医師・歯科衛生士をはじめとした様々な医療職種や分野を超えて、この問題に加速度をつけて解決に向かう必要がある。特定非営利活動法人日本唾液ケア研究会(理事長:槻木恵一、会員123名)は、唾液を学際的に取り扱い、未成熟の唾液学、唾液検査学の確立を目指し、さらに国民の健康増進を推進する組織として2021年に設立した。唾液におけるプロフェッショナルな組織として、社会に貢献するために活動をはじめたばかりであるが、特に、唾液学・唾液検査学の学問的確立に是非とも貢献したい。最後に、「唾液・唾液検査学の確立」の一環として、「唾液の取り扱い」に関する標準化に向けた取り組みが必要である。多くの皆様とこの問題を共有したく考えている。そこで特定非営利活動法人日本唾液ケア研究会のホームページに意見を求めるサイトを作成した。多くの皆様からご意見をお寄せいただきたい。>>NPO法人日本唾液ケア研究会HPはこちらから第2回日本唾液ケア研究会学術集会が開催2023年11月26日(日)、第2回日本唾液ケア研究会学術集会が神奈川歯科大学横須賀キャンパスで開催される。日本歯科大学菊谷武教授による特別講演や、国民皆歯科健診を取り上げ厚労省から政策的な現状のヒアリング、神奈川歯科大学口腔衛生学分野山本龍生教授を交えた唾液検査に関するシンポジウムが行われる予定だ。オンデマンドでも配信されるため(配信は12月を予定)、ご興味のある方は是非登録してほしい。>>学術集会の詳細はこちらから
槻木 恵一
2023年11月25日

【DLCあり】すぐに使える!物販POP集

今回は歯科医院のお悩みをズバっと解決していくぞ! 本日のお悩みはこちら!!「物販POPに興味はあるけど、いまいち作り方がわからないんだよね……」「多忙だから物販POP作ってる時間がなくて……」「そもそも、物販POPデザインの作り方がわからない……」あれば便利だけど、なかなか作れないPOP……そんな歯科医院に向けて、すぐに使える物販POPを作ってみた! デザインコンセプトどこに貼っても目立ちやすい!どんなコンセプトの歯科医院でも使いやすいデザイン!カッチリしすぎないデザインで、手書きの文字と相性抜群! ちょうどいいスペースで、短めの文章から長めの文章まで対応!次の項目からデザインを紹介していこう。ちなみに、今回のデザインは記事の最後でダウンロードできるので、お見逃しなく!歯ブラシ左:実際のデザイン右:サンプル商品名や値段をPOPに盛り込みたい派も、そうでない派も、両方使えるようなデザインに整えてみた! 細字のペンなら文字が結構入るので、たくさん書きたい派も安心!フロス左:実際のデザイン右:サンプル太字のペンで文字を入れるとこんな感じ! とにかく文字を大きく書きたい派にも使い勝手バツグンになるよう、心掛けたぞ! デンタルペースト左:実際のデザイン右:サンプル中字で書くとこんな感じになる! どんな備品のペンでも合うようになっているから、気軽に使いやすいのではないだろうか。ふきだしシンプルな「オススメ」POPもご用意! 左に貼る用・右に貼る用と2種類あるから、どんな環境でも使えるはずだ。上で紹介した歯ブラシ等のPOPと合わせて使ってみてもイイ感じになるぞ!フリーPOPもあるよ!「歯ブラシ・歯磨き粉・フロス以外の商品にも使いたいんだけど……」というそこの貴方! このPOP集ではフリーPOPもご用意しているぞ! アイデア次第でどんな使い方もできる、無限の可能性を秘めたPOP……それがフリーPOPである!POPのダウンロードはこちら!お待ちかね、ダウンロードコーナー! A4サイズのPDFでご用意したから、専用のソフト等は特に必要なし! 本当にすぐに使えるので、ぜひお試しあれ。POPをダウンロードする(カラー印刷推奨だが、意外とモノクロでも使える! 経費削減派の歯科医院はモノクロ印刷で使ってみてもいいだろう)
otomo _
2023年11月24日
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2023 1D inc.
1D SNS
掲載情報について

1D(ワンディー)は、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士向けの情報が集まる、日本最大級の専門メディアです。

トップレベルの臨床家・研究者からオンラインで学べる「歯科セミナー」や、臨床・経営・ライフスタイルの最新情報が収集できる「歯科ニュース」など、多彩な歯科医療コンテンツを配信しています。

本サイトは、歯科医療関係者(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・歯科学生等)を対象に、歯科医療の臨床・研究・経営等に関する情報を集約したものです。歯科医療関係者以外の一般の方に対する情報提供を目的としたものではないことをご了承ください。

また、本サイトで提供する情報について細心の注意を払っておりますが、内容の正確性・完全性・有用性等に関して保証するものではありません。詳細は利用規約をご覧ください。

SNS
© 2023 1D inc.