DeepL翻訳に「論文PDFまるごと翻訳機能」が新登場

文・構成:1D編集部 | 投稿日: 2021年11月19日

PDFをそのまま翻訳できる

学術論文などの翻訳精度が高く、研究者や臨床家から評価が高い機械翻訳サービス「DeepL翻訳」に、PDFファイルを丸ごと翻訳できる機能が追加された。

PDF(.pdf)やパワーポイント(.pptx)、ワード(.docx)のファイルをDeepLにアップロードすると、持ち前の翻訳精度を活かして翻訳し、ファイルを出力してくれる。原文のフォーマットはそのままに、翻訳だけしてくれる点がとても便利だ。

料金プランは?

基本は無料で利用することができるが、無料プランの場合はファイルの文字数制限や編集が不可能などの制約が付く。月額750円で利用できるStarterプランは、最大10MBのファイルを月に5ファイルまで丸ごと翻訳することができる。

月額2,500円支払うと20ファイルまで、5,000円を支払うと100ファイルまでが丸ごと翻訳できる。有料課金すると2名まで登録可能なので、チームや同僚と使うのも便利である。

そもそも、DeepLとは?

DeepLとは、ドイツ・ケルンのAIベンチャー企業「DeepL GmbH」が手がける自動翻訳サービス。元Google社員のGereon FrahlingとLeonard Finkが2008年に立ち上げた企業で、ディープラーニング(深層学習)技術を軸に、言語向けの人工知能システムを開発している。

DeepLは2017年のリリース後、Googleが提供する翻訳よりも精度が高いという点で研究者や臨床家から評価を受けている。

エビデンスに基づいた歯科医療のおともに

今回リリースされたPDFなどのファイルを丸ごと翻訳できる機能は、まさにエビデンスに基づいた歯科医療のおともに最適である。明日からぜひ、日々の診療にご活用いただきたい。

このコンテンツは会員限定です。
無料登録してもっと読む ログインして読む

いいねをするとFacebookで
新着ニュースが届きます

1D会員ができること

若手歯科医師の4人に1人が登録!
  • SNSで症例相談やディスカッションができる
  • 現役歯科医師によるオリジナル記事が届く
  • 症例ライブラリで今日の臨床に役立つ情報を検索
Facebookで登録 メールアドレスで登録

アプリダウンロードはこちら