「矯正」×「サブスク」、タイで見た矯正歯科の新たな潮流

「矯正」×「サブスク」、タイで見た矯正歯科の新たな潮流

文・構成:H. Takizawa | 投稿日: 2019年11月13日
日本最大級の歯科医療メディア21 – 44.png 132.17 KB
https://s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/image.oned.jp/toajSwDJsVr1VuWx72hewaYdn1DSHwd983l2cYIY.png

サブスクリプションのサービスが世界的な流行になっている。

サブスクリプションとは定額課金することで、一定期間モノの利用権を借りることができるビジネスモデルのことを指すが、NetflixやHuluといった動画配信サービス、Dropbox等のクラウドサービスはもちろんこれに入る。
 
サブスクリプションと言うと最近になって出てきたサービス形態であるように感じるが、そうではない。

ピアノ教室といった習い事の月謝や、スポーツジムの月ごとの会員費、月極駐車場もサブスクリプションの範疇に入る。

では歯科にはサブスクリプションは存在するのだろうか。
 

タイの都心で見た歯科のサブスクリプション

筆者はタイ・バンコクの真ん中、サイアムという街で歯科のサブスクリプションを見つけた。

サイアムは東京でいうと大手町、大阪でいうと梅田のような都心中の都心の場所である。
 
サイアムにはいくつか歯科医院が有るようだが、これはSiam Family Dental Clinicの外観である。
ここのドアの横に注目してみよう。

BRACES START FROM 1,800/MONTHと書いてあるのが分かる。
Siam Family Dental Clinicの外観の一部(筆者撮影)

「BRACES START FROM 1,800/MONTH」は、矯正装置の装着が月1,800バーツから始められるということを意味する。

このように、月極で矯正治療の価格が提示されているのは日本ではなかなか見られない。

タイで見たこの矯正治療はサブスクリプションと言えるのではないだろうか。

タイで矯正治療をもし受けると

ちなみに1,800バーツは日本円に換算すると6,500円程度である。

明らかに日本で受けるより安いので、タイに長期滞在の予定が有る方はここSiam Family Dental Clinicで矯正を受けても良いかもしれない。
 
しかも途中で日本に帰ることになったとしても月極であれば、続きの治療の分の料金は払わなくても良い。

タイのような外国での治療に不安が有るのであれば、Siam Family Dental Clinicには医科歯科や阪大の矯正科に留学した先生もいらっしゃるので、確認は取れていないが日本語も通じるかもしれない。
 
また、筆者の個人的な感想であるが、アジアの歯科医師は超エリートである。

タイを含めてアジアの各国では基本的には歯学部教育は英語で行い、大学に入る時の難易度も医科並か、むしろ医科より難易度が高いこともある。

アジアでの長期出張のついでに矯正というのが、商社マンのトレンドになる時が来るだろうと筆者は予想している。
 
(筆者注:Siam Family Dental Clinicのウェブサイトでは矯正治療の価格は矯正器具の種類より価格は変動するので、本記事で書かれている価格とは違うかもしれないことに留意ください。)

歯科セミナーなら「1D(ワンディー)」で!

日本最大級の歯科医療メディア「1D」では、診療に役立つオンラインセミナーを多数開催中。もっと知りたい臨床トピックから超ニッチな学術トピックまで、参加したいセミナーが見つかります。

下記ボタンから、開催中のセミナーを見てみましょう!

 

参考文献

Siam Family Dental Clinic(URL), 2019年11月10日アクセス.
ユーザ登録してより快適に記事を読んでみませんか?
登録してもっと読む ログインして読む

いいねをするとFacebookで
新着ニュースが届きます

1D会員ができること

若手歯科医師の4人に1人が登録!
  • SNSで症例相談やディスカッションができる
  • 現役歯科医師によるオリジナル記事が届く
  • 症例ライブラリで今日の臨床に役立つ情報を検索
Facebookで登録 メールアドレスで登録

アプリダウンロードはこちら