関連する用語を見る

水無月あかりのその他の投稿を見る

訪問歯科の方です
転倒して怪我をしています

投稿を見る

熊本の被災者支援で歯ブラシ類を心ばかり送らせていただきました
お礼のかわいい手拭いありがとうございます!

訪問歯科

投稿を見る

「みがきやすい」歯ブラシ京都清水店に先日お邪魔させていただきました。
ちょうどOPEN日ということもあり、人がかなり多くいらっしゃっていました。
「みがきやすい」歯ブラシのみを取り扱っている店舗となります。
京都清水店は3店舗目ということでした。

卸しで歯ブラシを作成していた田辺重吉さんという方の思いでこの歯ブラシは誕生したようです。
もっと使いやすい歯ブラシという想いで、
日本製の歯ブラシが誕生したとのことです。

持ち手の部分をこだわったり、
歯ブラシの柄がかなり軽かったりします。
歯ブラシの植毛の配列の感覚にもこだわれたそうです。

ご興味ある方は株式会社ライフレンジ様にて通販も取り扱っています。
https://lifellenge.com/product/

京都清水店はその店舗オリジナルの歯ブラシも置いていました。
ご興味ある方は是非店舗にいかれてみてください。

「磨きやすい」歯ブラシは全国の生協グループにもお取り扱いがあるようです。
こちらに関しては上記のライフレンジ様のお取り扱いのものと異なります。
もしご興味ある方は両方購入して比較してみると面白いかもしれません。

「みがきやすい」歯ブラシ店京都清水店様
OPEN日のお忙しい中対応していただきありがとうございました。

投稿を見る

訪問歯科の方です
通院途中で通えなくなり、4年ぶりに診療できたと喜んでいらっしゃいました

投稿を見る

訪問歯科での出来事です
口蓋に蚊びりついていた痰を除去したら
喉の奥の方にまで伸びていました。
誤嚥性肺炎の元となるので除去していきたいですね。

投稿を見る

壊れたため代替え機
これ懐かしいなー

訪問歯科

投稿を見る

関連する投稿を見る

遺伝性エナメル質形成不全は限局的に起こることもある

一般に、遺伝性のエナメル質形成不全症は、すべての歯にわたって生じます。しかし、本症例では画像の通り、左右・両側の犬歯に限局してエナメル質形成不全が生じています。

エナメル質形成不全としては非常に珍しいケースなので、報告します。エナメル質形成不全症は、そのエナメル質の性状から、低形成型(減形成)、低石灰化型、低成熟型等に分類されるます。エナメル基質や、そのエナメル基質の分解酵素の遺伝子の変異により、エナメル質形成不全症を発症すると考えられています。

引用:Hamsini Gottipati, Santosh Hunasgi, Anila Koneru, et al. Enamel hypoplasia: A rare case report involving all
permanent canines. International Journal of Medical and Dental Case Reports. 2014

投稿を見る

角化嚢胞性歯原性腫瘍の症例画像です。1枚目が初診時の画像、2枚目が摘出を行った術後1年後のフォローアップ時の画像です。
角化嚢胞性歯原性腫瘍は若年男性の下顎骨に好発し、基底細胞母斑症候群の症状として生じることが多い腫瘍です。エックス線画像所見としては、境界明瞭で多胞性・単胞性の透過像が認められます。

投稿を見る

左側下顎骨と重なり合っている不透過像。これは何でしょうか??

投稿を見る

大きな気泡に見えるだろ

腫瘤なんだぜ

これ

(タッチっぽく)

投稿を見る

【ノーベル賞でトレンド】
免疫チェックポイント阻害薬についてメラノーマ・悪性黒色腫の日本語論文の総説からひも解く。

英語論文と銘打っているグループですが、今回は最近読ませていただいた日本語論文について書かせていただきます。

メラノーマの新しい治療とがん免疫療法の新展開
http://s-igaku.umin.jp/DATA/64_02/64_02_02.pdf

メラノーマに対する免疫療法の開発
https://www.med.yamanashi.ac.jp/ymj/pdf/nl/20150401134921_571.pdf

総説論文で自分がいいなと思うところは、そのトピックについての説明が一通りなされているため、論文を読むことによって、基礎となる知識の理解を得られるところにあると思います。
今回紹介させていただく論文はメラノーマの化学療法に関する総説論文ですが、本庶佑先生がノーベル賞を受賞された免疫チェックポイント阻害薬の仕組みをわかりやすく解説された内容になっています。
余談ですが、日本発で世界初の抗LD-1抗体である「オブジーボ」の治験において、その効果を知らしめる一つの症例になったのは、オブジーボによるメラノーマの完治でした。メラノーマは悪性度が高く、転移性が高いことで有名です。
是非この機会に免疫チェックポイント阻害薬の仕組みを理解されてはいかがでしょうか?

投稿を見る

つい最近参加させて頂きました。

皮膚科から扁平苔癬の疑いで紹介。
まずは口腔内清掃、痛み消失、アフタは改善して来ていましたが、皮膚科を再度受診すると、また悪化。
一体.......。
総合病院の口腔外科へ紹介しました。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、水無月あかりさんの症例についてディスカッションしてみませんか?