Sho Yamadaのその他の投稿を見る

たまには僕も治療の症例も出してみるか・・・。
保険診療だし、ステイニングはあんまり好きじゃないので、
こんなもん。

投稿を見る

疾患の原因を考えることをもっと当たり前にしたい。
歯並びや口腔機能であれば生まれた直後、もしくは生まれる前から、
もっといえば、脈々と続いてきた人類史から。
この美しい口蓋を守りたいよね。

投稿を見る

一般開業医が毎日目にするような症例を。
萌出途中の左下第一大臼歯。
裂溝に脱灰がみられます。

みなさんならどのような処置をされますか?

投稿を見る

『MFTのみで改善!』
1番がクロスバイトになってしまった子。

低位舌の傾向は感じていたので、
スポットポジションを教えて1ヶ月。

口腔内を見てびっくり!
MFTだけで1ヶ月でこんなに変わるの!?
装置は一切使っていません!

マジメな子ならここまでできるのかと、
僕自身驚いてしまいました。

投稿を見る

裂溝脱灰症例、1年半が経過しました。
いまのところなんとかコントロールできています。
少なくともこの1年半の間には切削充填は不要であったことが分かりますね。

こういうのを見つけたときについ反射的に削ってしまっている方、いらっしゃいませんか?
う蝕の活動性を評価するという概念を知っておくことはとても大切です。

無知はときに暴力となる。

毎日扱っている「う蝕」だからこそ、しっかり学ばなければいけませんね。
#COVID19

投稿を見る

みなさん、オンライン相談・診療について、取り組んでいますか?

歯科におけるオンラインを先んじて実践している方たちが一堂に会するイベントが、いよいよ今夜開催です。

相変わらずの僕の思いつきからみんなを振り回すイベントなわけですが、
これだけの顔ぶれが集まることはかつてない・・・。
取材も入る・・・かも、みたいな、ガチ感も出ておりますが、
自分たちらしく、未来へ向けての道を切り拓く、
なによりも楽しい会にしたいと思っています!

みんな、気づいているでしょ。
緊急事態宣言が解除されたとは言え、
全くの元通りには、もうならないってことを。

むしろ、元通りになんてなってほしくないようなこともあったりすることを。

自分たちのほしい未来は、自分たちで切り拓くしかないんだ。
この錚々たる顔ぶれも、実はほんの一部でしかない。
今回は登壇せずともすでにご活躍の人はたくさんいる。
そして、これからの未来を背負っていく人も、たくさんいる。

いつもはバラバラなメンバーが、
ひとつの未来に向かって語るこのイベントを、
絶対に、見逃すな!!!

https://genie-mp.dentalight.co.jp/genie_webinar20200530

投稿を見る

関連する投稿を見る

┌7の遠心面う蝕を治療した症例 ┌8は抜歯予定なのですが、
┌7のう蝕にアクセスできるように近心を削りました。
┌8にクランプが掛かるような状態で残してう蝕処置をしました。

投稿を見る

歯肉縁下カリエスに対するダイレクトコンポジットレジンレストレーション

投稿を見る

ダイレクトレストレーション!

投稿を見る

5歳児前歯部オールサホ状態で来院。
お引っ越し前の医院で数年前に処置したと。
お母さん、話は真面目に聞いてくれるんです。前の医院でも説明受けてて理解はしてるとのことだけど、響いてるのかな?と。

そして本人は治療への抵抗もなく、歯磨きも好きだと言ってます。
なんだかもやもや〜。

投稿を見る

古くなったコンポジットレジンの修復ケース。9年後に他院で修復した同部位ですが、今回はラバーダム防湿下で再修復を行いました。この修復が長持ちすることを願っています。

投稿を見る

もらった過去の雑誌を読むのもなかなか面白い。例えばこの「日本歯科医師会雑誌2015年2月号」には松戸歯学部の研究者がう蝕の原因が細菌であることを突き詰めようとした際に、職が無くなるからやめてくれと言われたというエピソードが載ってる。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Sho Yamadaさんの症例についてディスカッションしてみませんか?