関連する用語を見る

本吉 ひとみのその他の投稿を見る

歯科衛生士に必要な力、教えてもらってイイですか・高田歯科 | 1D with http://with.oned.jp/takata-dental-clinic/

投稿を見る

角 祥太郎 先生が語る、
"クスッと笑えてためになる”
歯科衛生士のためのお話、第二弾!

今回は「歯科衛生士が未来だ!」とおっしゃる真相に迫ります。
なぜ歯科衛生士の仕事が重要なのか一緒に考えましょう。

歯科衛生士が患者さんの心に火をつけろ!歯科医師・角祥太郎 | 1D with http://with.oned.jp/kado-shotaro2/

投稿を見る

プロービングに精通!基礎編〜見るべきポイント〜 | 1D with http://with.oned.jp/probing2/

投稿を見る

歯科衛生士に伝えたい「肯定感・立ち回り・働き方」歯科医師・角祥太郎 | 1D with http://with.oned.jp/kado-shotaro/

投稿を見る

患者さんから好かれるためには「接触回数」を増やせ! | 1D with
http://with.oned.jp/mere-exposure-effect/

投稿を見る

マツコ会議で紹介された・歯科衛生士がつくったカフェとは | 1D with
http://with.oned.jp/cafe-beaute/

投稿を見る

関連する投稿を見る

😭😭😭

投稿を見る

下の歯なのに根っこが3本もある❗?
これってほっぺた側が2本ってこと❓❓
こんなに根っこが曲がってたらお掃除できないよね?

投稿を見る

第1シャンクがもっと長いスケーラーをご存知の方いらっしゃいませんか💦

重度歯周病の方だと根尖付近まで歯石が付着していることが多々あります。
しかし、手用スケーラーだと歯冠に第2シャンクがぶつかってしまい、届きません…。
1,2枚目はグレーシーで3,4枚目はユニバーサルです。

根尖付近はヒューフレディーのグレーシーミニ#11/12 #13/14とサンデンタルのユニバーサルミニを使用することが多いです。
みなさんは何を使われているんでしょうか?

正直ここまで歯石が付着していればフローティングしているか、僅かながらに骨が残っていたとしても残すのは厳しいと思います。
歯肉があることや開口度など考えてもこの角度で当てられるとは限らないですし、無理して傷つけるぐらいなら早々に外科を選択したほうが予後はいいかもしれません。

けれども、歯科衛生士で対応できることがもう少しあるのであれば工夫していきたいと思っています。
この抜去歯は少し短根ぎみなのでここまで届いていますが、もっと根が長い人もいると思うんです。

ここまで深いところだと超音波での対応になるんでしょうか…あと、もし良さそうなスケーラーがあれば教えていただきたいです。

投稿を見る

ブラッシングをすることなく、なんと20年間。
溜まりに溜まった歯石をお見せします。
このあと全顎的にスケーリングを行いました。

© 2019 Ali Dental Clinic

投稿を見る
下顎Aにストローがはまり込んでいた小児の症例

このアプリの主旨とは違うかもしれませんが、特に歯科関係者の方々には知っていただきたいケースです。
3歳児健診で遭遇したお子さんで、2年近くも下顎Aにストローがはまり込んでいたために歯は動揺し、その場での除去は断念。
後日、当院でストローの除去と暫間固定をしましたが、X線では高度な垂直性骨吸収がありました。
外傷の脱臼の再植でも固定期間は長くて2か月ですが、このケースではいつまで固定するかが悩みどころです。

https://youtu.be/fYN4pmRaFn0

http://angel-dc.com/blog/?p=1184

投稿を見る

53歳の女性、Dさん。
歯がどんどん抜けていき、また全体的に痛みがあって膿が出ることを主訴に来院されました。

見ると全顎的に深いポケット、出血、排膿、動揺。
重度Pで、どの歯も残すのは厳しいと思われる状態でした。
その旨お伝えし、心苦しい選択ではありますが、一気にEXTそして即時義歯のご説明をしました。
しかし、まだ53歳という若さでそれもフルデンチャーに近い形の義歯装着には抵抗があるようでした。
『どうしても抜きたくない。残す方向で治療を進めて欲しい。』とおっしゃいます。
主訴が“歯がなくなってしまう恐怖”にあったので自ら抜く選択をすることができなかったのです。

患者さんの同意が得られないと治療は進められないので、ひとまずTBIやSRPを行っていきました。
大量の歯石やプラークが付着していたのでそれを除去するだけでも痛みや炎症が少しずつ落ち着いてきましたが、排膿は止まりません。
治療に来るたび促すものの、『よくなったからもう少し様子をみたい』とおっしゃい、その後は月1の妥協的メインテナンス(SPT?)に移行しました。
月1で診ていても改善しきれていない口腔内。

そして初診時から9か月後。
もういよいよだめだと痺れを切らした私は、「Dさん、ちゃんとお食事とれてますか?」と尋ねました。
「今のお口の状態では満足に食事ができないと思うんです。自分の歯がなくなってしまう悲しみはとてもわかります。でもそれ以上に、歯は食事をおいしく、楽しく取るためにあると思うんです。人生のなかで食事ってすごく大事じゃないですか。一日3食食べたとして、毎食自分の好きなものを好きなように食べられたら幸せなことですよね。でも今の問題をかかえているお口では“食べられるもの”を選択しなければならない。私はDさんにお食事をもっと楽しんでもらいたいです。おいしくてからだに良いものをたくさん食べてもっともっと健康になってもらいたいんです。苦しい選択だと思いますが、もう決断しなければならないときが来たように思います。」とお伝えしました。

するとDさんはぼろぼろ泣きだし、『ありがとう。今までみなさんが最善を尽くしてくれたのはわかります。それでもやっぱりだめなのだから、もうケジメをつけなきゃいけないですよね。』と。

片道2時間半かけて通ってくださってましたが、一気にEXTするのはかなりの負担になるので、近医でのEXT義歯作成をおすすめし、来院はその日が最後になりました。

帰り際、『長くかかってしまったけど、あなたのおかげでようやく決断できました。本当に感謝しています。』とおっしゃってくださいました。

今回、決断してもらうまでに9か月もかかってしまいました。
私や先生が違う介入の仕方をしたらもしかしたらもっと早く決断できていたのかもしれません。
患者さんとの関わり方は正解がない分、本当に難しいです。
もっとよい方法があったのかなと悔やむことばかりですが、最後には患者さんがちゃんと自分の口腔内に向き合うことができたので、これはこれで間違ってはなかったのかもしれません。

近くの歯医者さんでも、Dさんのことを真剣に考えてくれる衛生士さんや先生方に出会えることを心から願っています。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、本吉 ひとみさんの症例についてディスカッションしてみませんか?