歯科ニュースまとめのその他の投稿を見る

東北大学とNTTドコモは2月21日、生活習慣病や歯の喪失を引き起こす歯周病を早期発見できる社会をめざし、歯周病発見AIの共同研究を2019年4月1日より開始することを発表しました。

歯周病の早期発見を可能とするAIの開発に向け東北大とドコモが協力(マイナビニュース)
https://news.mynavi.jp/article/20190222-775309/

投稿を見る

【歯科医師国家試験で "不合格" になる人の特徴】

予備校講師で『歯科医師国家試験 臨床問題を熱く語るブログ』でお馴染みの、Dentalkokushi先生によると、国試に落ちる人には特徴があります。

それは...

①問題文を読まない
②好発部位&好発年齢で解こうとする
③異様に細かいところを勉強し、勉強=暗記だと思っている
④多数派に乗れないのはなぜかという自己分析を全くしない

112回国試を受験される方、必読です?

http://news.oned.jp/dentalkokushi-6/

投稿を見る

歯周炎の骨再生 自身の幹細胞で…順大など 臨床研究を開始(読売新聞)

順天堂大学などは今月から、歯周炎で壊れた骨などの組織を、患者自身の幹細胞や血液成分を使って再生させる臨床研究計画を開始しました。

https://www.yomiuri.co.jp/science/20190323-OYT1T50233/

投稿を見る

歯科医師国家試験の受かり方(直前編)✍️

①問題をきちんと読む
②意味不な問題に付き合わない
③消去法で普段通りに解く
④変なひらめきは多分間違い
⑤塗ったマークは消さない

続き:歯科医師国家試験、本番での心構え。1日目の夜、見直しすべきか問題(1Dニュース)
http://news.oned.jp/dentalkokushi-8/

投稿を見る

歯科予防を狙う、モノづくり企業たちの勝算(ニュースイッチ)
https://newswitch.jp/p/17103

中小製造業が集積する大阪府の東大阪市、八尾市、堺市の3市はそれぞれ、大阪大学との産学連携で「歯科分野」で新たなモノづくりの取り組みを始めました。
歯科医療は病気になった後の「治療」でなく、病気を「予防」し健康な生活を支える医療に変わりつつあります。
各市はこれまで医療分野の「医工連携」で一定の成果を挙げてきました。
変革期にある歯科分野でも新たな技術・事業の創出を狙いますが、壁も立ちはだかります。

投稿を見る

【中国の研究チームが歯のエナメル質を修復することに世界で初めて成功】

中国・浙江大学の研究チームによって、エナメル質を修復できるジェル状の素材が開発されました。
独自開発のジェルを使えば、う蝕で欠損したエナメル質を48時間以内に修復できるとのこと。
2021年までに、ヒトを対象とした臨床試験に着手すると研究チームは語っています。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/post-12921.php

投稿を見る

関連する投稿を見る

【コーヌス冠義歯】
Pt:弁置換術前70代女性
S:心臓の手術をすることになった。入れ歯を作り直したい。
O:11、24歯根破折。旧自費義歯が入っていたが、適合不良だった。21〜23もHRJの歯頚部2次カリエスであった。
A:弁置換などの術前にIE(感染性心内膜炎)等の原因になりそうな感染源は除去しないといけないので、根破折歯は抜歯適応。21〜23は残せそうだが、PCもあまり良くない高齢女性でクラウンとした時に再度歯根破折や2次カリエスとなった際、再治療が難儀することが予想される。内冠として使用するコーヌス冠義歯を提案し、了承を頂いた。
P:11、24抜歯。コーヌス冠義歯作成。
D:同上。
C:コーヌス冠義歯は内冠、外冠作成にかなり時間がかかる。技工士さんとの連携が必要だし、内冠試適で問題なければ次外冠試適ですって言われたのにやっぱりレジンでキー作って、と言われたり、技工士側もかなりシビアになる症例なんだなと思った。専門家から言わせたらこの症例はちゃんとしたコーヌス冠義歯というよりは「なんちゃって」な感があると思います。セットしてからまだ半年ですが問題は起きていないし、患者さんは満足してくれています。

写真1枚目:完成した内冠、コーヌス冠義歯
写真2枚目:内冠試適し、レジンキーを付けているところ
写真3枚目:内冠セット時
写真4枚目:義歯装着時
写真5枚目:上顎咬合面観
写真6枚目:下顎咬合面観

投稿を見る

歯科の点数決まりましたね。
訪問歯科診療の点数に大幅に変わりはないですね。
摂食機能療法からVE(嚥下内視鏡)が要らなくなったのはうれしく思います。

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000193003_00002.html

投稿を見る

インプラント埋入から5年経過したところで急激な高度の骨吸収が起こりました。その2週間後に心筋梗塞で1ヶ月の入院。退院から2ヶ月後、全身状態も落ち着いているので浸麻下でデブライドメントしたところ、1ヶ月程で骨が少しずつ戻ってきました。全身管理も大事だという事を身をもって知らせてくれた大切な症例です。

投稿を見る

ターミナルの方です
乾燥が強くて粘膜が裂けてきています

投稿を見る

茶色は体の冷えを表していると考えられます

投稿を見る

‪老衰が死因第3位に、肺炎は5位になりました。
老衰が増えているというよりは、誤嚥性肺炎で死亡した場合に「肺炎」ではなく「老衰」と死亡診断書の死因病名に記載する医師が増えたからだそうです。‬

‪三大死因に初めて「老衰」 死亡診断書の書き方変化?:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45934830R10C19A6000000/‬

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、歯科ニュースまとめさんの症例についてディスカッションしてみませんか?