virenagunawanのその他の投稿を見る

前歯部コンポジットレジン修復。

投稿を見る

前歯部ダイレクト修復😁

投稿を見る

前歯部のコンポジットレジン修復。

投稿を見る

不顕性う蝕をCR修復した症例💯

投稿を見る

上顎前歯部のコンポジットレジン修復

投稿を見る

ペリオケースをシェアします。

投稿を見る

関連する投稿を見る

ペリオケースをシェアします。

投稿を見る

【症例相談】
主訴:歯茎の形を整えたい。(部位は12-22、33-43)
50代女性、降圧薬等内服なし。
PPD全周2〜3mm、上下顎共に十分な角化歯肉幅あり。
矯正前は頬舌側に歯がガタガタしていたが、歯茎は矯正前から同じような感じだったかも、ということ。

ボーンサラウンディングしていないのですが、パントモ上では骨ラインは高すぎる感じがないので、フラップなしで理想の歯肉ラインで歯肉切除術が良いかなと思っています。
①それともやはりフラップして骨の状態を確認すべきなのか
②矯正器具は術後どのくらいまで外しておいてもらうべきか(最低二週間、歯茎が落ち着くまで?)
③理想的な歯肉ラインは何を参考にすべきか
④歯肉切除術の場合、電気メスと普通のメスを使用した場合のメリットデメリット
等、ご教授いただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

投稿を見る

1┘にインプラント体埋入とGBRを同時にした症例で骨の再生がうまくいきました。
初期固定で早期の膜の露出がおきたけど、6〜8週間は辺縁が形成されるのを待ってから膜をとることにしました。

今日、組織のコンディションとボリュームを保つために結合組織移植術を膜の除去後、インプラント体上に行いました。

患者さんには事前に└1の近心のアタッチメントロスのために歯肉の高さは得にくいことを説明しておきましたが、どうにかして上顎1-1間の歯肉の高さを得られるように処置しました。

投稿を見る

【パピラ(歯間乳頭)における縫合とMTMについて】
11、12間および12口蓋部にわたる垂直性骨欠損に対して保険でFOpeを行いました。
使用した道具は15c、ブーザー2本、TG-0、バリオスのスケーラーです。

先日勉強会で再生療法の話になり、パピラ上の単純縫合が偏側に寄ってたから失敗したんだーって言っててこの12、13間くらいなのを歯肉溝切開していました。根近接してなければこの隙間でも15cとブーザー使用してパピラ残したまま剥離できるからそっちの方がいいんじゃないかなと思いました。どうなんでしょうか。
また歯肉溝切開での縫合について、最後の写真の黄☆のように(テンション強過ぎないよう)縫合すれば、縫合が偏側に寄ることがないからいいんじゃないかと思うんですけどどうでしょう。
最後に、11、12にブラケットをつけてローテーションすれば11、12の根近接改善できてさらに歯根膜付いてきてくれれば歯間の歯周組織も再生するのではないかと考えているのですがどうでしょう。
質問ばかりで申し訳ありません、宜しくお願い致しますm(_ _)m

投稿を見る

歯肉増殖症(Gingival hypertrophy)の症例をシェアします。

歯肉増殖症は、種々の原因により歯肉の過形成が生じることをいいます。
歯肉の組織の増殖と血管の反応性の変化による単純性歯肉増殖、非炎症性である歯肉線維腫症、ニフェジピン(降圧薬)やフェニトイン(抗てんかん薬)、シクロスポリンA(免疫抑制薬)など薬物を原因とする薬物性歯肉肥大に分類されます。

© 2019 Dr. Fabio Cozzolino

投稿を見る

原因は側枝からのPerとPかな?と予測してFopしてみたら、左上1番に薄く付着している縁下歯石だけでした。トンネルのように口蓋まで骨がありませんが、左上1~2間の歯頚部には歯槽骨が残っています。原因を追究中です。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、virenagunawanさんの症例についてディスカッションしてみませんか?