Dr.Tのその他の投稿を見る

右下の7番の疼痛を主訴に来院。
小学生の頃に別の医院で治療したとのことです。根尖病巣を認めたため除去を行い、ガッタパーチャーと軟象を除去。
今まで除去後三度貼薬のために受診しましたが排膿がやっと減少してきたところです。
痛みが強かったので7を優先しましたが、6も気になるので、治療したいですが症状はないため、コロナが落ち着いてから治療すべきかと考えております。

コロナが蔓延しており、次の診療にも慎重にならなければならず治療計画が立てにくいなと思う今日この頃です。

投稿を見る

患者の年齢: 34歳
患者の性別: 男性

症例の説明や相談内容:
左側の奥に違和感があるとのことで来院されました。
口腔内からは下顎両側の智歯が半萌出しており、歯冠が一部確認できましたが、歯肉の発赤や腫脹は認められませんでした。
本人の希望としては智歯抜歯はしたくない。生涯を共にと考えてます。と言われました笑
智歯は抜歯しないのであれば、炎症もないようなので投薬もないし、定期的なメンテナンス。
しかし、左側の奥らへんの違和感とのことだったので、パノラマを撮って確認したところ、┌7に根尖病巣、┌6遠心に齲蝕、67┘隣接面齲蝕が認められました。
違和感の原因が┌67の可能性があるため、治療を開始。
┌7GP除去したところ、違和感は消失しました。

投稿を見る

医療従事者の妊婦さんについて。

うちには妊婦の歯科助手さんがおり、現在パート勤務です。
勤務時間によっては雇用保険がなくなったりしますので、育休手当が貰えなくなってしまいます。
それが嫌で出勤してきているのですが、昨日嗅覚・味覚に異常があるという人が来院。
特に予約もなく、急を要する治療でもなかったので、症状がある場合はご遠慮くださいと何度も話しました。
しかし、「はぁ、そうですか」と言いながら待合室から動かず、妊婦さんにスタッフルームから出てこないように言って、窓全開・換気扇フル稼働で診療して帰っていただきました。

このような場合強く断って良いのでしょうか。
また、妊婦さんのスタッフに対しての処遇はどうされていますか?
私は休みたいなら休んでいいが、国がどう保障するかなどは不明であり、パートで給料も不定額であるため、医院で保障などは難しいかもしれないと話しました。
その話をすると、怖いので休みたいとの事だったので、明日からお休みになりました。

コロナで大変な時期で、患者も減っていることで売り上げも下がることが予想されます。十分な保障や手当が出せれば良いのですが…

投稿を見る

幼稚園生の男の子の症例。
検診で虫歯があるとのことで来院。
E┤はC3、└EはC4。そのほかにもC1〜2のところが多数あり、小児に鏡で見てもらいながら保護者にもしっかりと説明をしながらブラッシング指導をしました。

保護者は毎日仕上げ磨きをしているとのことでした。
ブラッシングの上手い下手いはあると思いますが、それでも毎日ブラッシングしているのにここまで齲蝕が進んでいるということがとても気になりました。
歯科医院には、受診してもらえない限り指導も何もできません。
保育施設で親子参観の機会などを設けてもらい、歯科医師や衛生士のブラッシング指導などで定期的なメンテナンスや正しいブラッシングを指導する機会があれば、もっとこういった症例が減るんじゃないかな。

そして、21┴12の形態が気になりました。これは角度や萌出方向の問題なのでしょうか?それとも形態によるものでしょうか…

投稿を見る

BRONJ症例です。
既に故人ですが、定期的にしっかり来ていただいて洗浄を繰り返しておりました。
3年越しでポロリと綺麗に腐骨が取れて両サイドの歯牙も温存でき、BRONJ特有の口臭もなくなりました。

スッキリしたと喜んでいただけました。残念ながら経過の写真はありませんが、あきらめずに続けることで、腐骨が広がることなく自然に脱落した症例でした。

投稿を見る

21┘部の違和感で来院された患者さんです。
パノラマ撮影するとかなり大きな歯根嚢胞がありました。
私の勤務しているところは小さな開業医ですので、摘出は不可能と考え大学病院の口腔外科に紹介させていただきました。
2┘の抜歯、3┘の根切と嚢胞摘出術をしていただいて、その後の治療は私の勤務する開業医で行うこととなりました。
術後、他の部位の治療もあるので、パノラマ撮影したところ、不透過像がありました。
大きい嚢胞でしたので、骨補填剤を入れていただいたのかなと考えました。
口腔外科の先生方は凄いなーと思ったので投稿しました!

そして、特に気になる右側下顎臼歯部の治療を進めたいのですが、削りたくない、知覚過敏が酷くてエアーも水が出るのも嫌。とおっしゃるため、どうにかならないものかと考え中の患者さんです。
ラポールの形成で患者さんが治療に前向きになってくれたら…と思い、まずは口頭で説明し、次回口腔内写真撮影と印象採得を行い写真と研究用模型を使って説明、治療計画を立てましょうと話し、帰宅されました。
そもそも印象も嫌そうな感じでした。これ以上悪くなる前に最善を尽くしたいものです…

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Dr.Tさんの症例についてディスカッションしてみませんか?