ShinyaMのその他の投稿を見る

サイナストラクト?な症例。
自発痛等自覚症状無し。定期検診にて発見。右上に排膿と骨露出を認める。一応念のため、歯髄診やポケット検査を行うも異常なし。元々既往を聞いていたため、即紹介としたかった・・・が「遠いし行かんといかんやろか?」「これはまずいと思う、早く行った方が良い」紹介状の返信は予想通りだった。

投稿を見る

ポケットが2mm→10mm。破折の可能性が高い。
1枚目:確定診断のため除去。破折線の確認。こんな細かいクラックはマイクロ無いと見えないと思う。
2枚目:確認のため抜去した歯を頂いて染色、ポケットに一致した吸収。根尖からスライスし破折線の確認。

投稿を見る

ファイル破折、根肥大、ストリッピングも疑う。問題解決にはいろいろ障害があり、ファイル除去には歯質を削ることやretreatmentの病変あるケースと考えると、成功率は低いと説明。
それでも構わないとの事で取り掛かった症例。
動画は破折ファイル除去ですが、取ってる最中は気が付かなかった。除去後、レントゲンと動画で確認。スローで再生するとファイルが吹っ飛んでいくのが見えた、ラバーダムも大事、確認も大事。
動画は等倍→スロー→スロー&拡大で編集しています。
https://youtu.be/l3wmgPLPAyM

投稿を見る

VM-Y(sec1-0)のレッジ(と言うかステップ?)の回避。
穿通できなかった場合、回転数を落としプレカーブをつけて再チャレンジ。それでも無理ならばハンドで穿通トライ。
動画は最初穿通せず、プレカーブをつけて再チャレンジし追随する様子が撮影できた動画です。
https://youtu.be/CcPBdyv_HDU

投稿を見る

同期からラバーダム教えてくれってことで模型上でラバーダム練習中・・・。右側に粗が目立つ。

投稿を見る

VM-Y(sec1-0)でこんな感じで穿通させています。
このような粘つくような感じであれば、根管に追従していっていると考えられます。穿通性を確保するため、穿通後もsecを効かせています。
ラバーをウィングから外し忘れている大失態は目をつぶってください(苦笑)
https://youtu.be/uyx7PHgFc_c

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、ShinyaMさんの症例についてディスカッションしてみませんか?