Shin Ogawaのその他の投稿を見る

少し上手くいかなかった症例を挙げさせて頂きます。
26歳女性、主訴は前歯がゆれる。硬いものを噛んでから下顎の乳歯が揺れるようになったそうです。動揺は3でした。補綴の選択肢を提示し、インプラント治療を希望されたため、抜歯と同時にエキスパンジョンしてNobel Active 3.0×15.0mmを埋入。3.0はチタンアバットの選択しかないため、埋入から5か月後チタンカスタムアバット+MBCrを装着(仮着)。装着時はコンタクトが緩かったのですが、一か月後にちょうどよくなり、クリーピングも起こってきました。
反省点ですが、もう少し深く埋入すればよかったこと。もう少し頑張って舌側の基底結節部にホールを向ければよかったこと。あとは色調ですかね。
その他お気づきの点がございましたらご指導の程何卒よろしくお願いします。

投稿を見る

関連する投稿を見る

左下第一大臼歯、樋状根(C-shaped)の症例です。同部位は歯髄壊死と診断し、感染根管治療を開始しました。
根管治療前と根管治療後を比較すると、軟組織の治癒が良好であることがわかると思います。
治療途中なので、今後の術後経過をまた報告します。

投稿を見る

根治中。
5根管、第一大臼歯。

投稿を見る

外部吸収の症例

投稿を見る

数ヶ月前にGBR法とインプラント埋入を行った所に、
角化歯肉幅の増大と口腔前庭の拡張を目的として軟組織の移植を行いました。
遊離歯肉を生着させるためにマットレス縫合を応用しました。
術後、遊離歯肉弁と結合組織弁は生着し、安定しています。

投稿を見る

エンドの再治療は本当に難しいですね。
奥が深い!

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Shin Ogawaさんの症例についてディスカッションしてみませんか?