関連する用語を見る

海外症例まとめのその他の投稿を見る

簡単なコンポジットレジン修復ではありませんでした。
CRの症例を、インドネシアからお届けします。

© 2019 Aris Santoso

投稿を見る

前歯部のⅢ級・Ⅴ級窩洞&正中離開の閉鎖をダイレクトレストレーションで行った症例です。

© 2019 abalaksana.

投稿を見る

ダイレクト・レストレーションの症例。

© 2019 abalaksana

投稿を見る

人々の生活を変えたいと補綴を志しました。補綴は死にかけている学問ではなく、人々の生活のなかで小さな役割を果たしながら、人々の生活を変えることができるのです。

この症例画像についてご説明します。術前のすべての歯は非常に小さく、歯間部にスペースが空いていました。う蝕や摩耗、修復治療の失敗によって歯列の大部分に歯冠部補綴が必要な状態でした。

診断用ワックスアップによって、全顎的な補綴治療の計画を立てることで歯列を美しく見せることができることが示され、患者さんは提案を承諾しました。

歯周病専門医により歯周治療をした後、e-maxクラウンで補綴治療を行いました。

社会生活上、ほとんどの人々は気が付かないとは思いますが、下顎前歯部に過剰な歯があることに留意してください。

本ケースにおいては、頻繁なリコールとナイトガードの作製が必要です。

© 2019 Dentistry Science

投稿を見る

コンポジットレジンによる修復ケース✅

© 2019 BELOGRAD Dental Academy

投稿を見る

上顎左側第一大臼歯近心頬側根の歯根端切除術の症例画像です。

© 2018 southmsendo
https://www.instagram.com/southmsendo/

投稿を見る

関連する投稿を見る

セメント芽細胞腫と思われる症例です。
抜歯できるでしょうか? ?

【セメント芽細胞腫について】
- 幅広い年齢層に生じ、男性よりも女性の方が3.5倍ほど多い
- 下顎大臼歯部の無痛性腫脹を兆候とし、多くはエックス線画像で偶然発見される
- 画像所見は、歯根セメント質に連続した境界明瞭な類円形の不透過像で、病変周囲はエックス線透過像で囲まれている
- 原因歯とともに摘出することで予後は良好

© 2019 Ali Dental Clinic

投稿を見る

エナメル上皮腫の症例なのですが...。パノラマエックス線上で明らかなアーチファクトがあります。
・・・正体はヘアクリップのピンでした。
エナメル上皮腫は下顎骨に空洞を空け、その空洞はわずかに口腔内と連絡していました。患者さんが口腔内に入れたものは、すべて腫瘍に入る可能性があったのです。
4枚目の画像で示していますが、爪の破片や検査材料も混入していました(ちなみに腫瘍は摘出しました)。

投稿を見る

治療終了後にヘルペスが発生した症例です。
(Post treatment herpetic outbreak. Or at least that is my diagnosis.)

© 2019 southmsendo
https://www.instagram.com/southmsendo/

投稿を見る

悪性腫瘍の進行を経時的に記録した一症例です。
上から、2017年に撮影、2018年に撮影、2019年に撮影したパノラマエックス線画像です。

投稿を見る

訪問歯科の方です
原因不明の白板症が出ていました

投稿を見る

60歳の患者さんです。パントモで含歯性嚢胞と診断され、全身麻酔下で、病変の摘出および上顎右側第三大臼歯のEXTを行いました。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、海外症例まとめさんの症例についてディスカッションしてみませんか?