関連する用語を見る

yukoのその他の投稿を見る

50代男性
CRを用いた仮のバイトアップです。
咬合器上で診断用ワックスアップを行い、そこからシリコンコアをクリアのシリコンバイトで作製。シリコンコアに遁路を付与してフロアブルCRを内部に充填し口腔内に圧接した状態で光照射し形態修正、研磨を行いました。

投稿を見る

30代男性
36,37 direct restoration
形態付与が思うようにいかず研磨も不足した箇所ができたりなど反省点の多い症例でした。

投稿を見る

51歳女性
14 direct restoration

投稿を見る

15 direct restoration
テフロンテープにてストリップスの適合を調整しました。
辺縁形態の調整が甘いことと、裂溝も遠心が頬側寄りになってしまったことが反省点です。

投稿を見る

縁上マージンの場合、ラバーダム防湿下でのセットをされることもあると存じますが、サンドブラストの粉が支台からは取れたとしても周囲に飛び散ってしまい、その除去方法がわかりません...
皆様どうされていらっしゃいますか?

投稿を見る

13 direct restoration
充填直後は乾燥してシェードが合っていないように見えるが後日撮影すると吸水により調和がはかれている例。

投稿を見る

関連する投稿を見る

3級窩洞のための作られた透明なマトリックスを用いてコンポジットレジン修復を行うデモです。
私たち歯科医師は、簡単かつ臨床で再現可能なアプローチを、いくつも編み出しています。

© 2019 maximbelograd

投稿を見る

下顎左側第二大臼歯のコンポジットレジン修復症例です。

投稿を見る

下顎左側第二小臼歯のOD窩洞に対するコンポジットレジン修復。

投稿を見る

【CRにおけるテクニックのあれこれ(1)】
1枚目:湿潤環境でのCR色合わせ
操作の段階で前歯部は特に乾燥してきます。乾燥するとどんどん歯の色が変わって、その都度CRを合わせていると術後白っぽくなったりするので最初に色合わせをします。
2枚目:明度合わせ
色味ではなく単純に明るさを判別するためにモノクロで撮影して確認します。
3枚目:ラバーダム防湿
CRは湿潤環境で接着が弱くなるので防湿します。臼歯部では特に重要です。
4枚目:ポリッシング
術後CR界面が白くなる(ホワイトマージン)ことがありますが、要因の一つが界面のプラークだと言われています。
5枚目:エッチング
エナメル質にのみ選択的にエッチング処理をします。象牙質に当たらないように注意します。個人的にはクラレのKエッチャントというのが使いやすいですが、勤務地の関係でG-fixに入っているエッチング剤で代用しています。

続く。

投稿を見る

皆さんが大好きな、コンポジットレジン修復の症例をシェアします。

© 2018 Ali Dental Clinic
https://www.facebook.com/dr.naseer.clinic/

投稿を見る

5級窩洞のコンポジットレジン修復は非常に難しい場合がありますが、正しいアプローチをすれば簡単です。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、yukoさんの症例についてディスカッションしてみませんか?