海外症例まとめのその他の投稿を見る

左側の下顎骨骨折の症例です。
左下8番から左側下顎角にかけて、極めて明瞭な骨折線が見られます。

© 2019 Radiologia Odontológica

投稿を見る

Dr. Minesh Patelによる、口腔内の歯列と美しく調和した接着ブリッジの症例をシェアします。

© 2019 Justin Glaister

投稿を見る

クラウンの支台歯形成が完了しました?

© 2019 Ali Dental Clinic

投稿を見る

コンポジットレジンによる修復ケース✅

© 2019 BELOGRAD Dental Academy

投稿を見る

審美的な問題を、独特の創造性で解決しています?

© 2019 Justin Glaister

投稿を見る

米国より、複数歯にわたるⅤ級窩洞(歯冠の唇側、頬側、舌側の歯頚側1/3における窩洞)の直接修復の症例をシェアします。

© 2019 Dr. Rizal Rizky

投稿を見る

関連する投稿を見る

プロービングの上達!臨床編~誤差を抑える6つのこと

👆プロービングはX-rayを見ながら
👆術者の心理的要因を考慮
👆適切なプロービング圧は20~25g
👆プローブの種類を院内で統一する
👆持ち方は執筆状変法で固定は軽く
👆プローブの挿入方法は歯軸に合わせる

1D with (link: http://with.oned.jp/probing3/)

投稿を見る

歯周治療をしていた患者さん。
右下のSRPは一度行い、あるとき46番の遠心辺縁がほんの少しかけたので尖っていたところを研磨。
その後46番の痛みを訴え来院されました。
何かとどこかが痛いと急患で来院される方です。

・歯周ポケット4〜8mm
・出血、排膿(+)
・分岐部病変Ⅲ度
・動揺Ⅱ度
・ブラキサー
・咬合痛、打診痛は44、45、46(+)
・Hys(+)
・冷温痛(+)
・電気歯髄診断は7で反応
・起きた時にじわーっとした痛み
・痛み止め常に服用
・仕事は毎日終電でストレスがある
・心配性で神経質

皆さんならどう診断され、何の処置を行いますか?

投稿を見る

以前、投稿させていただいた症例と似ている患者さんがいらしたので掲載いたします。

はじめにいらしたのは今年の9月、20代の若い男性です。
右上3番から排膿することを主訴にいらしています。

はじめのデンタルが初診時の9月。
2枚目のデンタルがSRPしてから1ヶ月後のデンタルです。

初診時にはポケット12mm、排膿がありました。
現在はポケットの範囲は少なくなったもののまだごく一部に同じぐらいのポケットと排膿があります。
若干骨密度が上がったもののまだ良い状態とは言えません。

ご本人は「すごく良くなった。しかし、以前よりはずっと少ないもののたまに少量の膿が出る。」とおっしゃっています。

歯石はなさそうですが探ると根尖付近で歯質の段差が感じられます。
しかし、これ以上のSRPをしたらオーバーになってしまわないだろうか…と不安に思っています。
治らなかった場合、SRPをどこまで行うかいつも悩みます。
やたら触らずに、しばらく様子を見た方が良いのでしょうか。
なるべく負担の少ない非外科で治したいと思うものの、やはり限界がありますかね…。

この患者さんの場合は他の部位の骨吸収はほとんどありません。
なぜ、犬歯にだけこうなってしまうのでしょうか。

この原因がなんなのか、
また今後の対応はどうすべきか、
みなさんのご意見を聞かせていただければ幸いです。

投稿を見る

歯肉増殖症(Gingival hypertrophy)の症例をシェアします。

歯肉増殖症は、種々の原因により歯肉の過形成が生じることをいいます。
歯肉の組織の増殖と血管の反応性の変化による単純性歯肉増殖、非炎症性である歯肉線維腫症、ニフェジピン(降圧薬)やフェニトイン(抗てんかん薬)、シクロスポリンA(免疫抑制薬)など薬物を原因とする薬物性歯肉肥大に分類されます。

© 2019 Dr. Fabio Cozzolino

投稿を見る

【恐らく矯正用歯間分離ゴムによって歯周膿瘍が引き起こされた症例】

思春期の歯肉が健康だった患者に、歯間分離ゴム装着後急速に歯槽骨吸収が起こり、歯周膿瘍が併発した症例

論文では、病変の徴候が見られた場合、早めにX線画像を撮ることが求められるとされている。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3335709/

投稿を見る

スケーリングタイム?‍⚕️⛏⛏⛏

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、海外症例まとめさんの症例についてディスカッションしてみませんか?