関連する用語を見る

ShinyaMのその他の投稿を見る

右上2の歯髄壊死。
カリエスを取りアクセスも作りつつ隔壁作成、傾斜もあったためストレートアクセスはこの位置になった。

投稿を見る

歯磨き粉顆粒の食い込み。
顆粒入りの歯磨き粉は使わない方が良いと考えます。
動画は閲覧注意。
https://youtu.be/A52IdH2ijjg

投稿を見る

根管治療の依頼症例。
左上6に透過像あり、口蓋根の中央寄りにパーフォレーションがあった。
根管充填し9か月で再度レントゲンを撮ると透過像の縮小が見られた。

投稿を見る

自発痛は無いものの、咬合時に違和感あり。ポケットは全周2~3mm。
前回とほぼ同じような症例ですが別の患者さんです。この患者さんはしっかりとした診断と治療を希望、破折・クラックの場合は抜歯もやむなしと言うことで取り掛かっています。
ガッタパーチャの位置的に右上6MBの可能性もあるため、まず右上6エンドするもサイナストラクト引かず。右上5除去すると破折線確認。結果抜歯となりました。

投稿を見る

1枚目と2枚目は別症例。マイクロで見ると破折は多いと感じる。
1枚目、ポケットは無いMB根のクラック。
2枚目、抜歯後のクラック確認。

投稿を見る

MTA覆髄。歯髄反応は正常、露髄したが止血できたためbioMTAで覆髄。1年経過しCR脱離で来院。

投稿を見る

関連する投稿を見る

上顎左側第一小臼歯に症状が出て、歯内療法の専門医に治療を受けていた女性患者さんが来院しました。
CBCTの画像を見てもわかるように、大きな根尖病巣が第一小臼歯に、小さな根尖病巣が第二小臼歯に局在しています。
同部位は歯根端切除術 + 逆根管充填で外科的に再治療しました。
この症例においては、外科的な治療はより保存的で予測可能な選択肢だったと言えます。
最後の画像は6ヶ月時のリコールですが、順調に経過しています。

投稿を見る

改良しました🤯
写真は逆再生です。

投稿を見る

膿でドロドロ、複雑すぎる形態、なかなか取れない破折ファイル。
根管治療で苦労した症例、共有しませんか?

#こんな根管は嫌だ を付けてあなたの症例を1Dでシェアしよう!

投稿を見る

診査診断の方法を複数持ってるのは大事だと思った症例。
右上にサイナストラクトあり。自発痛無し、歯周ポケットは全周2~3mm。根尖透過像もあることから慢性根尖性歯周炎と思われた。
ルーチンにサイナストラクトトレースすると、根尖ではない場所を示した。麻酔をしボーンサウンディングすると局所的な骨の喪失があった。
VRFの可能性が高い事を説明し治療方針として放置か抜歯かを相談。患者さんは放置を選択。ただし今後トラブルが起きた場合は、除去して確定診断後に抜歯になる可能性が高い事を説明した。

投稿を見る

46、47、48抜歯依頼の紹介状を持ってきた当院職員の治療です。
47遠心根は#70 くらいまでbindingがなかったので初めてMTA根充をしてみました。
保険、自費で処置の選択肢は変わっていくと思います。
保険の場合は47近心根をヘミセクションして連結冠かなーという話もありましたが、個人的には根管洗浄結構頑張ったのでそのまま単冠使用、破折したらその時どうするか考えるという感じだと思っています。

質問ですが、みなさんはMTA根充の際どのタイミングでデンタルを撮りますか?最後まで根管をMTAで満たしますか?
以前見学に行った先生は根尖部1/3くらいまで入れてデンタル撮影、その後上部はウェルパルプ(韓国製)を充填していました。
宜しくお願い致します。

投稿を見る

上顎左側第一大臼歯近心頬側根の歯根端切除術の症例画像です。

© 2018 southmsendo
https://www.instagram.com/southmsendo/

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、ShinyaMさんの症例についてディスカッションしてみませんか?