歯科ニュースまとめのその他の投稿を見る

「リアルナンパ」事件、新たに歯科医師の男ら逮捕(TBSニュース)
「ナンパの技術を学べる」とうたう塾の代表らが女性に酒を飲ませて性的暴行を加えたとして逮捕された事件で、新たに歯科医師の男(26)らが警視庁に逮捕されました。
去年3月大阪市のクラブで20代の女性に「罰ゲーム」と称して酒を飲ませマンションに連れ込み、わいせつな行為をした疑いが持たれています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3639687.htm

投稿を見る

ももクロ百田夏菜子が歯列矯正を告白 ファンから悲しみの声(ニフティニュース)

●ももいろクローバーZの百田夏菜子が「歯並びの方を整えようかと思います」と報告した
●百田の投稿にファンからは「エクボは取らないでね」といった悲しみの声が寄せられた
●元メンバーの有安杏果が交際報告をしていたことから「影響されたな」といった声も

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12273-184918/

投稿を見る

【アレルギー・歯の病気、生活保護の子は10倍 東大分析(中日新聞)】

「生活保護受給世帯では、アレルギーや歯の病気がある子どもの割合が一般世帯の10倍以上にもなる」との研究結果を、東京大学の研究チームがまとめました。特にひとり親世帯で病気がある子の割合が大きかったとのことです。

生活上のストレスやハウスダストなどの居住環境、「周囲に助けてくれる人がいない」という孤立状況も背景にあると研究チームは指摘しています。

https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019072902000279.html

投稿を見る

「物を噛む運動は、脳内の異なる二つの司令塔によって制御されていた!」― 咀嚼機能を司る新たな運動制御機構の解明に道筋 ―

東京医科歯科大学と国立精神・神経医療研究センターは、「物を噛む」動作と脳機能の関連性についてのプレスリリースを公開しました。
今回発表された研究は、物を噛む動作が、脳内で単に「噛む」という単一の司令系統だけでなく、異なる二つの運動制御機構で働くことを、初めて明らかにしました。
この研究結果は、物を噛む動作の脳機能に及ぼす影響を解明するにとどまらず、口の機能と全身の健康との関連性を明らかにする道を拓くものと期待されます。

本文: http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20190613_1.pdf

投稿を見る

口腔崩壊、石川県内の4割の学校に 背景に貧困やネグレクト(毎日新聞)

石川県内の約4割の学校で、10本以上の虫歯があるなどの「口腔崩壊」の児童・生徒がいることが、県保険医協会による初の調査で分かりました。
背景には親のネグレクトや貧困、歯に対する無関心があり、同協会は「関係機関とも連携し、子供の口腔崩壊の状況を改善するきっかけにしたい」としています。

https://mainichi.jp/articles/20190730/k00/00m/040/196000c

投稿を見る

【「口から食べる」ことが健康維持に役立つ仕組みの一端を解明-都健康長寿医療センター(QLifePro)】

●オーラルヘルスと全身のフレイルとの関係が注目されていが、そのメカニズムは未解明だった
●口腔機能低下で認知機能低下やフレイルが起こる原因を、東京都健康長寿医療センター研究所が解明
●咽頭への機械的刺激で甲状腺ホルモン(サイロキシンとカルシトニ)分泌が増加することで、サイロキシンは全身の細胞の代謝を高め、カルシトニンは骨を強くする
●研究グループは「口から食べることが高齢者の心身の健康維持に役立つ仕組みに、新たに明らかとなったこの生理的反応が関与していると考えられる」と述べている

http://www.qlifepro.com/news/20190722/healthy-life-span.html

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、歯科ニュースまとめさんの症例についてディスカッションしてみませんか?