関連する用語を見る

ShinyaMのその他の投稿を見る

3~4か月前の投稿の経過。
と、同じ患者さんの左下6。病変の治癒傾向見られると嬉しいですね。

投稿を見る

initialケースでREファイルCT使用、この湾曲がイイネ。

投稿を見る

診査診断の方法を複数持ってるのは大事だと思った症例。
右上にサイナストラクトあり。自発痛無し、歯周ポケットは全周2~3mm。根尖透過像もあることから慢性根尖性歯周炎と思われた。
ルーチンにサイナストラクトトレースすると、根尖ではない場所を示した。麻酔をしボーンサウンディングすると局所的な骨の喪失があった。
VRFの可能性が高い事を説明し治療方針として放置か抜歯かを相談。患者さんは放置を選択。ただし今後トラブルが起きた場合は、除去して確定診断後に抜歯になる可能性が高い事を説明した。

投稿を見る

左上4の3根管。
口蓋側になんか見えると思ったら短く細い根管?がありました。

投稿を見る

同期からラバーダム教えてくれってことで模型上でラバーダム練習中・・・。右側に粗が目立つ。

投稿を見る

右下6歯肉の疼痛。マイクロで見ると何か白いものが。歯磨き粉顆粒でした。話を聞くと、ここ1週間顆粒入り歯磨き粉を使ってたとのこと。前回の動画ほどでは無いですが閲覧注意。
https://youtu.be/u2cgamFv4Mo

投稿を見る

関連する投稿を見る

【相談症例】
10歳女性
右下6番の自発痛
2年前くらいにCRしたそう。

Per像あるので、麻酔してRCT始めました。
古いCRをとっていくと、ダイカルっぽいセメントに変わり、取ると点状路髄下くらいの穴が開いてました。
出血等なくAPCしてさあファイルでもだと思ったら激痛を訴えます。

2回目も、しっかり麻酔しましたが、ファイルを入れると痛いそう。

知り合いの妹ということもあり可哀想で髄腔内麻酔はしてません。
今度は歯根膜腔麻酔してトライしようと思います。

歯医者に対する精神的な不安もあるようなので、最悪それも効かなかったら、触れるとこまで綺麗にして、ビタペックス根充して、数年後もう少し大人になったらリエントリーしようかと考えてます。


何かいい方法があればご教授お願いいたします。

投稿を見る

15才の男性です
22頬側の腫脹を主訴に来院生当初22の歯根嚢胞を疑いましたが22.23共にバイタルです。また画像上、歯根膜の連続性も確認できます。
一点目、この嚢胞?の診断はなに❓でしょうか。
2点目、患者は日中の来院生が不可能のため二次医療機関の受診が不可です。写真では分かりにくいですが、23間では唇側.23部では舌側に嚢胞腔を認めるため一塊での摘出は侵襲が大きくなるため、開窓療法を検討しています。
ご意見ご指導宜しくお願いいたします

投稿を見る

レントゲン写真の判断って難しい。、みられるものは?

投稿を見る

#こんな根管は嫌だ

興味深い症例をシェアします。歯髄壊死の患者さんでした。
リコール時に根管内の透過像に気付き、CBCTを撮影すると内部吸収が認められたので、硬組織形成能がある水酸化カルシウムを貼薬しました。
1枚目の右下がファイナルの画像で、6ヶ月後に再びリコールする予定です。

投稿を見る

癒合歯は、歯胚が融合したり、歯の萌出までの段階で結合することによって生じます(癒着歯は、それぞれに独立した歯髄腔を持っています)。
しかし癒合歯は、正常な歯胚と異常な歯胚が融合するケースもあり、その場合は1歯分の根管であるため分割することができず、歯冠が大きいままにしておくしかありません。

投稿を見る

症状のないfistelからフラップしてみたところ、側枝かと思いきや内部吸収を起こしていました。周囲歯質を1層削ってMTAセメントで埋めて、1年後にしっかりと歯根膜と骨が出来ています。MTAセメントが世に出てきて、本当に画期的な治療ができるようになりましたね。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、ShinyaMさんの症例についてディスカッションしてみませんか?