関連する用語を見る

yoh.Mのその他の投稿を見る

In vitro evaluation of the reliability of the Root ZX
electronic apex locator
H. F. Ounsi & A. Naaman

【盲目的に根管長測定器を信じてもいいのか?】
RootZXの精度を評価するペーパーを読んでみる


目的
ゲルで周組織を再現した実験装置を用いて、Root ZX 根管長測定器と実際の根管長との比較実験を行った。

方法
根管長測定器において、根尖孔であると示される長さと、根尖孔から0.5mm手前の長さ、すなわち作業長と示される場所の深さを求める。
実際の根管長の長さを基準参考長として、計測器を使って求めた二つの値を基準参考長と比較する。
信頼度は検定を用いて評価し、精度は基準参考値と計測値の差の平均と標準偏差を用いて評価する。

結果
Root ZX によって得られた計測値は、84.7%が0.5mm以内の誤差であった。一人の試験官が生み出す差、複数の試験官における差は統計学的には問題の無い程度であった。

結論
Root ZXは、根尖孔の位置から0.5mm離れた作業長の決定に用いることはできず、根尖孔の決定にのみ使用することが望ましい。




論文によると、根尖孔の決定以外において根管長測定器は信用できなさそう?
細菌感染を念頭において精密な操作が必要になるエンド治療において、その差はどの程度影響するのでしょうか?

この論文を読まれての皆さんの熱い議論を期待します。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10371907
ペーパーのリンクです。

投稿を見る

こんばんは。
現在病理の課題に取り組んでいるところです。悪性黒色腫の鑑別診断を考えているところなのですが、色素性母斑などがあげられると思います。
他に鑑別診断で考えられる疾患があれば是非教えていただきたいです!
よろしくお願いします!

投稿を見る

すみません。質問なのですが、もしよければお答えいただけると幸いです。

楔状欠損についての質問です。
異常な咬合咬合力や、咬合の異常で発生すると認識しています。
しかし、疑問に思うのは歯頚部が楔状に欠損してしまう点です。
歯冠部から崩れていけば納得できるのですが…
ブラッシングも関係しているとは思いますが、それにしても垂直にかかる力に対して根元から欠損していく理由をご存じの方がいらっしゃればお聞きしたいです。よろしくお願いします。

投稿を見る

関連する投稿を見る

60歳の患者さんです。パントモで含歯性嚢胞と診断され、全身麻酔下で、病変の摘出および上顎右側第三大臼歯のEXTを行いました。

投稿を見る

以前上げた10歳の子の口腔内の潰瘍ですが、まさかの悪性でした。
疫学だけで考えたらダメですね。
紹介先でも年齢による疫学的判断で生検するまで3ヶ月ほど放置されたようです。

残念でなりません。

投稿を見る

訪問歯科の方です。
本人無意識に頬を噛んで出血します。
さらにその血も乾燥しています。
舌からも乾燥がわかります。

投稿を見る

珍しい埋伏智歯抜歯のケースをシェアします。巨大な塊となって摘出されました。

© 2019 Radiologia Odontológica

投稿を見る
メインテナンス時に発見した扁平苔癬の症例

粘膜疾患シリーズみたくなってますが(笑)
なんだか、嫌な感じがするなぁ〜と精査依頼。
扁平苔癬でした。
もともと患者さんの自覚症状もなく、メインテナンス時(3ヶ月毎)に発見しました。
患者さんは、いつからこうなっていたのかわからないとのこと。
もしかしたら、今まで見落としていたのかもしれません。(~_~;)
反省です。

投稿を見る

すごい患者さん来たー❗❗❗❗
こんなの初めてみた??

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、yoh.Mさんの症例についてディスカッションしてみませんか?