yukoのその他の投稿を見る

15 direct restoration
テフロンテープにてストリップスの適合を調整しました。
辺縁形態の調整が甘いことと、裂溝も遠心が頬側寄りになってしまったことが反省点です。

投稿を見る

このダイレクトケースについて皆さんのご意見をお聞きしたいです。裂溝の位置がおかしくなり、天然歯のような自然さがないように感じます。皆さんならどこを修正すると良くなると思いますか?バイトは考慮しないものとします。

投稿を見る

38歳男性
25 direct restoration
削合前の辺縁の形態を意識して修復しました。

投稿を見る

24 direct restoration
クラックをどこまで追うかいつも迷います。

投稿を見る

WSDのCR充填です。
ラバーがかけられない場合でもテフロンテープや圧排糸で歯肉圧排することによりバーによる歯頸側の形態修正なしで充填することも可能です。
また、クランプをかけやすくする為にラバーの前に歯肉圧排を行うこともあります。

投稿を見る

51歳 女性
27 direct restoration
充填時に表面を綺麗に仕上げることで研磨によって形態が失われないように注意しました。

投稿を見る

関連する投稿を見る

コンポジットレジン修復の症例です👍

投稿を見る

「コピー・ペーストテクニック」。コンポジットレジン修復を用いて天然歯を再現するための最も簡単な方法です。

投稿を見る

5級窩洞に対するコンポジットレジン修復。

投稿を見る

たまには僕も治療の症例も出してみるか・・・。
保険診療だし、ステイニングはあんまり好きじゃないので、
こんなもん。

投稿を見る

コンポジットレジン修復の症例です✌️
非常に大きなカリエスがありました(画像1枚目)。理想的には間接修復であることを患者さんにもお伝えしましたが、どうしてもコンポジットレジン修復を希望されました。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、yukoさんの症例についてディスカッションしてみませんか?