水無月あかりのその他の投稿を見る

訪問歯科の方です
プラークのつき方はこのような方が多いです

投稿を見る

医科の先生からの提携分書式です。
提携分の中に骨粗しょう症の薬に関して
歯科と連携をとろうとしていただけているのが
お手紙からも読み取れます。

こういうの見るとすごく嬉しくなります^_^
もっと医科の先生と連携とれることを願っております。

訪問歯科

投稿を見る

おやすみを頂き長崎に行っていました!
炎の講演会 鴨頭さんオススメの鶴田歯科医院の見学に行ってまいりました。
やさしさと思いやりの歯科医院 鶴田歯科医院

http://www.tsurutashika.net/about

患者さんが診療室に入る前のコンサルティングルームで泣いてから診察に向かうと言います。
人材育成にもずば抜けており、色々勉強になることが多かったです。

患者さんが楽しみに来れる歯科医院
私も作っていきたいと思います。
本当にありがとうございました!

投稿を見る

訪問歯科の患者様です
口腔内痰が乾燥して張り付いています。
保湿してふやかして除去します。

投稿を見る

訪問診療の方です
コップの水を変えて2回目なのですが
底の水が見えなくなるほど
出血で濁っています

投稿を見る

訪問歯科を始めようとしている先生に向けて
講演会を行います。
11月25日 東京都文京区にある科研製薬会社の本社様で開催いたします。
もしよろしければご参加くださいませ。
宜しくお願い致します。

投稿を見る

関連する投稿を見る

口内炎のように見えるclassⅣの扁平上皮癌の症例

あまり、症例の投稿がないので当院のケースをおひとつ。

青矢印の部分は舌癌です。
一見、口内炎のように見えますがclassⅣの扁平上皮癌です。
初診時に舌の痛みを訴えておりましたが、3週間の経過観察でも変化せず。そのまま、基幹病院へと精査依頼。
舌癌と診断され、ope。
部分切除であったため、機能的にはほぼ問題なく日常生活を過ごしております。
早期発見、早期治療が大切ですね。
かかりつけの歯科医院で見つけてもらえるかがネックですね。

投稿を見る

複雑性歯牙腫の症例です(デンタル・パントモ)。

投稿を見る

Stay Homeでいるべき時期ですが……
この小臼歯もstay home してしまいましたね

投稿を見る
メインテナンス時に発見した扁平苔癬の症例

粘膜疾患シリーズみたくなってますが(笑)
なんだか、嫌な感じがするなぁ〜と精査依頼。
扁平苔癬でした。
もともと患者さんの自覚症状もなく、メインテナンス時(3ヶ月毎)に発見しました。
患者さんは、いつからこうなっていたのかわからないとのこと。
もしかしたら、今まで見落としていたのかもしれません。(~_~;)
反省です。

投稿を見る

顎下隙に移動した下顎智歯の症例です。
「口腔外」からアプローチして抜歯しています。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6766172/

投稿を見る

【外傷歯の保存】
経過症例ですがいくつか質問があるので投稿させて頂きます。
患者:16歳 スポーツの最中に衝突で外傷。近某歯科医師会にて固定処置を受け当院受診。
当時はまだカメラを買っていない時期で口腔内写真がないことをお許しください。

(初診時処置)
口唇裂傷の縫合。
歯牙はデンタルの状態でスーパーボンドでがっちり固定されており時間的制約および知識不足から歯牙への処置は行えず。EPT不明。デンタル1
(2回目)
スーパーボンド除去時、歯牙は歯冠破折およびデンタル赤矢印の位置で歯根破折も起こしており、3 piecesになっていた。縁下、ラバーがかけれない状態で抜髄、根充。
(3回目)
牽引開始
(4回目)
固定、デンタル2、写真1
(5回目)
骨整形オペ、写真2
(6回目)
連結TEKセット、デンタル3
(7回目)
単冠TEKセット
〜再根管治療を行う予定だったが、その後通院が途切れる〜
6ヶ月ぶりに来院、デンタル4

以上が初診から現在までの流れです。
質問は、
①時間さえあれば固定を除去してEPT検査すべきだったと思うが、縁下でEPT検査をするときはどのように検査すればいいのか。
②断髄となる場合、ビタペックスがなければカルシペックスでもいいのか。
③縁下で根管内への出血のコントロールが難しい場合どうするべきか。
です。
宜しくお願い致します。

関係のない話で、
当時拙い手技でお見苦しいですが同じような条件下で根充を行った2歯の根尖について、アンダーとなった方は根尖孔が閉鎖傾向にあるのに対してオーバーになった方は炎症性に根吸収が起きてしまっていることは示唆に富んでるなと思いました。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、水無月あかりさんの症例についてディスカッションしてみませんか?