dds_prajnaのその他の投稿を見る

左下6番・左下7番のコンポジットレジン修復のケースです。

投稿を見る

ゴールドインレーのコンポジットレジンへの置き換え症例。

投稿を見る

ゴールドクラウンからジルコニアクラウンに補綴物を置換した症例です。歯髄炎や二次う蝕の治療のために行いました。

投稿を見る

下顎左側第二小臼歯のOD窩洞に対するコンポジットレジン修復。

投稿を見る

チェアサイドにおけるプロビジョナルクラウンの製作。

投稿を見る

小臼歯OD窩洞のコンポジットレジン修復。

投稿を見る

関連する投稿を見る

間接法ラミネートベニア × 2 + 直接法コンポジットレジン × 2により前歯部の審美性を改善した症例です。

投稿を見る

【CRにおけるテクニックのあれこれ(1)】
1枚目:湿潤環境でのCR色合わせ
操作の段階で前歯部は特に乾燥してきます。乾燥するとどんどん歯の色が変わって、その都度CRを合わせていると術後白っぽくなったりするので最初に色合わせをします。
2枚目:明度合わせ
色味ではなく単純に明るさを判別するためにモノクロで撮影して確認します。
3枚目:ラバーダム防湿
CRは湿潤環境で接着が弱くなるので防湿します。臼歯部では特に重要です。
4枚目:ポリッシング
術後CR界面が白くなる(ホワイトマージン)ことがありますが、要因の一つが界面のプラークだと言われています。
5枚目:エッチング
エナメル質にのみ選択的にエッチング処理をします。象牙質に当たらないように注意します。個人的にはクラレのKエッチャントというのが使いやすいですが、勤務地の関係でG-fixに入っているエッチング剤で代用しています。

続く。

投稿を見る

歯肉縁下のう蝕は修復しづらいですが、私はPTFEを使って修復することがあります。
マージンを上げて、解剖学的で自然な歯の修復ができます。

投稿を見る

先ほどの投稿に続いて、今度は2級窩洞へのコンポジットレジン修復!

投稿を見る

コンポジットレジン修復の症例です✌️
非常に大きなカリエスがありました(画像1枚目)。理想的には間接修復であることを患者さんにもお伝えしましたが、どうしてもコンポジットレジン修復を希望されました。

投稿を見る

左下6番・左下7番のコンポジットレジン修復のケースです。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、dds_prajnaさんの症例についてディスカッションしてみませんか?