Dr.Tのその他の投稿を見る

初めて咬合誘導のワイヤー曲げを始めてから1ヶ月…
まだまだではありますが、技工士さんから教わりつつ初めての装置作り。
そして、初めて咬合誘導の患者さんを担当します。
自分が作った装置でどこまで出来るのか不安と楽しみでドキドキです。そもそもちゃんと装置が入るのか…
次の来院が待ち遠しい!!

投稿を見る

└7の疼痛を主訴に来院された患者さんです。

パノラマ撮影より、└7の根尖病巣による疼痛を疑いました。しかし、根尖が上顎洞と近接しているだめ、交通している可能性を説明。
患者さんはとにかく治療してほしいとのことでした。疼痛がかなり酷かったようなので、まずは投薬を行い、次回より処置を開始しました。
現在疼痛は治まっておりますが、濁った漿液性の滲出液が出ています。改めて上顎洞との交通と上顎洞炎の話を行い、耳鼻科の受診についてもお話ししました。
根充の時期は何時ごろになるのか…コロナの蔓延を考えると、今何度も治療に来るより、とりあえずビタ根、仮封をしておくべきか悩む症例です。

投稿を見る

痛くなったら来るスタイルの20代男性。
私が担当ではなかったのですが、痛みがあった歯は感染根管治療を終え、根充へ。次回、7の治療開始で予約をして帰宅されました。
根充後のレントゲン写真を後で見てみると…根尖写ってない!!

まぁ、大丈夫と思ったのでしょうが…もともとデンタルIQが低いと考えられる患者さんほど、確認くらいと思わず、しっかりした方が後々のためにもなると思うので、次回撮り直しをしてもらうことに。
学生の頃はデンタルや印象をいちいちやり直しと言われると、めんどくさい先生だと皆んなで言っていましたが、歯科医師になってはじめてその意味がわかるなーと思うこの頃です。

投稿を見る

21┘部の違和感で来院された患者さんです。
パノラマ撮影するとかなり大きな歯根嚢胞がありました。
私の勤務しているところは小さな開業医ですので、摘出は不可能と考え大学病院の口腔外科に紹介させていただきました。
2┘の抜歯、3┘の根切と嚢胞摘出術をしていただいて、その後の治療は私の勤務する開業医で行うこととなりました。
術後、他の部位の治療もあるので、パノラマ撮影したところ、不透過像がありました。
大きい嚢胞でしたので、骨補填剤を入れていただいたのかなと考えました。
口腔外科の先生方は凄いなーと思ったので投稿しました!

そして、特に気になる右側下顎臼歯部の治療を進めたいのですが、削りたくない、知覚過敏が酷くてエアーも水が出るのも嫌。とおっしゃるため、どうにかならないものかと考え中の患者さんです。
ラポールの形成で患者さんが治療に前向きになってくれたら…と思い、まずは口頭で説明し、次回口腔内写真撮影と印象採得を行い写真と研究用模型を使って説明、治療計画を立てましょうと話し、帰宅されました。
そもそも印象も嫌そうな感じでした。これ以上悪くなる前に最善を尽くしたいものです…

投稿を見る

現在、咬合誘導の勉強中で、親戚の子供の模型でアダムス練習してます。
なかなか難しいです。

投稿を見る

定期健診のため来院された12歳女性の患者さんです。
└Cの晩期残存と動揺度1を認めましたので、デンタル撮影したところ、└3がよこに生えており、すでに歯根も完成しているよでした。
開窓術と矯正治療のお話をして、本日矯正歯科に紹介状を書いて渡しました!!
開窓の手術を見学させてもらえたらなーと思っている今日この頃…

外科処置の見学は本当に興味を惹かれます。見学やお手伝いさせてもらえるようなコネクションをつくりたいですね!

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Dr.Tさんの症例についてディスカッションしてみませんか?