Hのその他の投稿を見る

【VPT(Vital Pulp Treatment:生活歯髄切断法)】
Pt:特記すべき既往のない中年女性
S:連結されたFMCの下に歯間ブラシが通らないことが気になっていた。症状はない。
O:パントモ上でも分かるほどの隣接面カリエス(根面におよぶ)。6番はノンバイタル、7番はバイタル。
A:深いが、症状ないため間接覆髄でいけると思った。
P:1.5hアポ FMC・C除去、バルクベース裏装、TEK作成
D:予想よりも縁下深くCがあり、さらに露髄確実だったため途中でプラン変更した。
まず電メスで歯肉除去して縁下Cを取りきる。スケーラーで根面滑沢にした後、ボスミンガーゼを隣接縁下に留置した状態でVPTを実施した。セラカルで直接覆髄し、洗浄および止血は浸麻液に浸した滅菌綿球で行った。当日は6番のコア作るところまででTEKは作れなかった。
C:現在術後1m経っているがVital(+)である。
今後の課題として歯肉が上がってきた時、バルクベース面は弱い上皮性付着になってしまうと考えられるのでレングス等の歯周外科処置を同日実施できるようになること。より良いIsolation技術の習得。

写真1枚目:FMC・メタルコアおよびある程度のC除去したとこ
写真2枚目:縁下C取り切ってスケーラーする前
写真3・4枚目:直接覆髄前の洗浄、止血、簡易乾燥
写真5枚目:直接覆髄後
写真6枚目:隔壁フィッティング
写真7枚目:バルクベース充填、研磨後

投稿を見る

【根管治療ではなく、歯内治療】
最近この言葉は的を得ているなと、改めて感じています。
教育の段階からこういう考え方で学んでいたら良かったなと思います。

投稿を見る
歯科技工士さんによるすごいレベルの補綴物

【技工士の技】
出力モニターを揃えたりキャリブレーション等は今のところ行えていませんが、フラッシュの位置を変えたり何枚もシェードを合わせた写真をたくさん技工士さんに送ったところ、頑張りが伝わったのか技工士さんもすごいレベルの補綴物を作ってくれました。患者さんも大満足。。
出来るだけ自然な補綴物を入れれるように様々な努力をしていきたいです。
材質はe.maxセラムを使用しています。

投稿を見る

14-18FMCが全て二次カリエス、ほぼ縁下う蝕だった症例
①FMCおよびコア除去したところ
②ベース材充填し、1週間後
③APFおよび18抜歯
16のMB根を抜歯すべきか悩みました。デンタルからエンド由来ではなさそうだったのでMB根周囲の3璧性骨欠損内をデブライド後テルプラグ充填。
④術後1週間(コーパックなし)
⑤術後2週間(④で抜糸後コーパック)
⑥ラバー下にベース材および残存う蝕除去
⑦レチク
残存歯質が少なくパフォるのが怖かったので大臼歯もファイバーは1本です。
⑧概形成後

投稿を見る

【HIT印象(もどき)】
何をもってHIT 印象とするかは知らないのですが、出来るだけ深くマージンにシリコン流し込みたいなと思いトライしてみました。
一次印象はパテタイプのシリコンで取ってます。
その後印象取りたい歯(この症例では36、37)のマージン部のシリコンをメスでトリミングします。
この時適切に圧がかかるようにトン路も作っておきました。
二次印象はウォッシュタイプのシリコンを模型、口腔内に盛りました。
セカンドコードは二次印象前に取っています。

いい感じっぽいですが、気泡を入れずに石膏を盛るのが大変そうな印象とのこと(DT談)

投稿を見る

【概形印象】
義歯作成のステップで概形印象は大切なフェーズだと思っています。
古い道具でも慣れたものを使う、少し工夫することでうまくいくんだなと思うようになりました。

投稿を見る

関連する投稿を見る

5級窩洞のコンポジットレジン修復は非常に難しい場合がありますが、正しいアプローチをすれば簡単です。

投稿を見る

毎度おなじみ、コンポジットレジン修復の症例をシェアします。

© 2018 Ali Dental Clinic
https://www.facebook.com/dr.naseer.clinic/

投稿を見る

【CRにおけるテクニックのあれこれ(2)】
1枚目:ウェッジをしっかり押し込んでマトリックスを歯面にフィットさせる。本当は金属の豆みたいなの使いたいです。
2枚目:術前に口蓋から抑えて作ったシリコンキーを用いてバックウォールを作る。こうすることで築盛が楽になります。
3枚目:バックウォールの上にボディシェードを持って、切縁に気持ちマメロンでもと思ってトンガリを作ってみました。ただ12、22とも切縁透過ないのでその上にまたボディシェード乗せたので全然意味なかったです(笑)
4枚目:咬合紙を擦り付けて表面性状の確認。無注水下で表層を研磨することで段差が見えるという方法もあると教えていただきました。
5枚目:若干立体感でるかなと思い切縁にXWカラーのフローを盛っています。約1時間のチェアタイムでも歯面が乾燥してCRと歯面の境目がよく分かってしまいます。後日術後1週間の写真をアップ予定です!

他ドクターにも見ていただいたところ、ベベルをもっと持たせるべき、セレクティブにエッチングされていない、表層全部削って12、22のシェードに合わせるべきとのご意見もいただきました。
(1)と合わせてご意見いただければ幸いです?

投稿を見る

パッチ修理 :)

投稿を見る

35、CR充填です。咬頭が直線的になってしまい人工物っぽくなってしまいました。エイジングの進んだケースのCRは特に難しく感じます。

投稿を見る

シンプルな2級窩洞に対するコンポジットレジン修復の治療前・治療中・治療後の画像をシェアします?

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Hさんの症例についてディスカッションしてみませんか?