関連する用語を見る

yoh.Mのその他の投稿を見る

In vitro evaluation of the reliability of the Root ZX
electronic apex locator
H. F. Ounsi & A. Naaman

【盲目的に根管長測定器を信じてもいいのか?】
RootZXの精度を評価するペーパーを読んでみる


目的
ゲルで周組織を再現した実験装置を用いて、Root ZX 根管長測定器と実際の根管長との比較実験を行った。

方法
根管長測定器において、根尖孔であると示される長さと、根尖孔から0.5mm手前の長さ、すなわち作業長と示される場所の深さを求める。
実際の根管長の長さを基準参考長として、計測器を使って求めた二つの値を基準参考長と比較する。
信頼度は検定を用いて評価し、精度は基準参考値と計測値の差の平均と標準偏差を用いて評価する。

結果
Root ZX によって得られた計測値は、84.7%が0.5mm以内の誤差であった。一人の試験官が生み出す差、複数の試験官における差は統計学的には問題の無い程度であった。

結論
Root ZXは、根尖孔の位置から0.5mm離れた作業長の決定に用いることはできず、根尖孔の決定にのみ使用することが望ましい。




論文によると、根尖孔の決定以外において根管長測定器は信用できなさそう?
細菌感染を念頭において精密な操作が必要になるエンド治療において、その差はどの程度影響するのでしょうか?

この論文を読まれての皆さんの熱い議論を期待します。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10371907
ペーパーのリンクです。

投稿を見る

すみません。質問なのですが、もしよければお答えいただけると幸いです。

楔状欠損についての質問です。
異常な咬合咬合力や、咬合の異常で発生すると認識しています。
しかし、疑問に思うのは歯頚部が楔状に欠損してしまう点です。
歯冠部から崩れていけば納得できるのですが…
ブラッシングも関係しているとは思いますが、それにしても垂直にかかる力に対して根元から欠損していく理由をご存じの方がいらっしゃればお聞きしたいです。よろしくお願いします。

投稿を見る

【ノーベル賞でトレンド】
免疫チェックポイント阻害薬についてメラノーマ・悪性黒色腫の日本語論文の総説からひも解く。

英語論文と銘打っているグループですが、今回は最近読ませていただいた日本語論文について書かせていただきます。

メラノーマの新しい治療とがん免疫療法の新展開
http://s-igaku.umin.jp/DATA/64_02/64_02_02.pdf

メラノーマに対する免疫療法の開発
https://www.med.yamanashi.ac.jp/ymj/pdf/nl/20150401134921_571.pdf

総説論文で自分がいいなと思うところは、そのトピックについての説明が一通りなされているため、論文を読むことによって、基礎となる知識の理解を得られるところにあると思います。
今回紹介させていただく論文はメラノーマの化学療法に関する総説論文ですが、本庶佑先生がノーベル賞を受賞された免疫チェックポイント阻害薬の仕組みをわかりやすく解説された内容になっています。
余談ですが、日本発で世界初の抗LD-1抗体である「オブジーボ」の治験において、その効果を知らしめる一つの症例になったのは、オブジーボによるメラノーマの完治でした。メラノーマは悪性度が高く、転移性が高いことで有名です。
是非この機会に免疫チェックポイント阻害薬の仕組みを理解されてはいかがでしょうか?

投稿を見る

関連する投稿を見る

角化嚢胞性歯原性腫瘍の症例画像です。1枚目が初診時の画像、2枚目が摘出を行った術後1年後のフォローアップ時の画像です。
角化嚢胞性歯原性腫瘍は若年男性の下顎骨に好発し、基底細胞母斑症候群の症状として生じることが多い腫瘍です。エックス線画像所見としては、境界明瞭で多胞性・単胞性の透過像が認められます。

投稿を見る

21┘部の違和感で来院された患者さんです。
パノラマ撮影するとかなり大きな歯根嚢胞がありました。
私の勤務しているところは小さな開業医ですので、摘出は不可能と考え大学病院の口腔外科に紹介させていただきました。
2┘の抜歯、3┘の根切と嚢胞摘出術をしていただいて、その後の治療は私の勤務する開業医で行うこととなりました。
術後、他の部位の治療もあるので、パノラマ撮影したところ、不透過像がありました。
大きい嚢胞でしたので、骨補填剤を入れていただいたのかなと考えました。
口腔外科の先生方は凄いなーと思ったので投稿しました!

そして、特に気になる右側下顎臼歯部の治療を進めたいのですが、削りたくない、知覚過敏が酷くてエアーも水が出るのも嫌。とおっしゃるため、どうにかならないものかと考え中の患者さんです。
ラポールの形成で患者さんが治療に前向きになってくれたら…と思い、まずは口頭で説明し、次回口腔内写真撮影と印象採得を行い写真と研究用模型を使って説明、治療計画を立てましょうと話し、帰宅されました。
そもそも印象も嫌そうな感じでした。これ以上悪くなる前に最善を尽くしたいものです…

投稿を見る

セメント芽細胞腫と思われる症例です。
抜歯できるでしょうか? ?

【セメント芽細胞腫について】
- 幅広い年齢層に生じ、男性よりも女性の方が3.5倍ほど多い
- 下顎大臼歯部の無痛性腫脹を兆候とし、多くはエックス線画像で偶然発見される
- 画像所見は、歯根セメント質に連続した境界明瞭な類円形の不透過像で、病変周囲はエックス線透過像で囲まれている
- 原因歯とともに摘出することで予後は良好

© 2019 Ali Dental Clinic

投稿を見る
乳児の歯の早期萌出によるリガ・フェーデ病の症例

生後3ヶ月の乳児の患者さんです。歯の早期萌出が気になり、小児科から紹介されました。
授乳は哺乳瓶で行っており、早期萌出以外に特筆すべき口腔内所見は認められません。
Riga-fede病のリスクを保護者に説明し、必要があれば切縁を丸めるなどの対応を行っていきます。

出典:第110回歯科医師国家試験,B問題-3.

投稿を見る
メインテナンス時に発見した扁平苔癬の症例

粘膜疾患シリーズみたくなってますが(笑)
なんだか、嫌な感じがするなぁ〜と精査依頼。
扁平苔癬でした。
もともと患者さんの自覚症状もなく、メインテナンス時(3ヶ月毎)に発見しました。
患者さんは、いつからこうなっていたのかわからないとのこと。
もしかしたら、今まで見落としていたのかもしれません。(~_~;)
反省です。

投稿を見る

【鑞着のあれこれ③】
矯正には『一般矯正』や『外科矯正』などあります。
『一般矯正』は自費診療ですが『外科矯正』は保険診療になります。
この『外科矯正』は大体がまず矯正をし手術直後から咬合する様に矯正をし(約1年〜1年半)、口腔外科で手術をし、また最後の微調整で矯正(約1年〜1年半)をしていきます。
この外科手術の前に患者さんのワイヤーに『フック』を着けます。手術後、ゴムをかけたりして固定する為のものです。
この『フック』も当院では1本1本技工サイドでつけます。
最近、フックに使っていたブラスワイヤーが生産中止になってしまい在庫もそろそろ限界になってきました。他の矯正歯科さんは何を使用していますか?
クリンパブルフックも併用してますが、どうしてもベンド部分が難しくどうしても鑞着になってしまいます。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、yoh.Mさんの症例についてディスカッションしてみませんか?