ShinyaMのその他の投稿を見る

樋状根、未処置の根管を発見し根充。
リーケージもあったか、歯質の変色が取れないとこもあった。

投稿を見る

VM-Y(sec1-0)のレッジ(と言うかステップ?)の回避。
穿通できなかった場合、回転数を落としプレカーブをつけて再チャレンジ。それでも無理ならばハンドで穿通トライ。
動画は最初穿通せず、プレカーブをつけて再チャレンジし追随する様子が撮影できた動画です。
https://youtu.be/CcPBdyv_HDU

投稿を見る

歯髄壊死、2根管。サイナストラクト+。
特に変わった症例では無いが基本に忠実に、カリエスを取り切り隔壁を作りラバーダムをかける。

投稿を見る

生活歯であることを確認し露髄からの出血、歯髄切断、止血、MTA覆髄。現在予後1週間で経過良好、今後も経過を見ていく。

投稿を見る

右下6歯肉の疼痛。マイクロで見ると何か白いものが。歯磨き粉顆粒でした。話を聞くと、ここ1週間顆粒入り歯磨き粉を使ってたとのこと。前回の動画ほどでは無いですが閲覧注意。
https://youtu.be/u2cgamFv4Mo

投稿を見る

XPS便利ですね。
https://youtu.be/9TOdapykqfY

投稿を見る

関連する投稿を見る

【相談症例】
10歳女性
右下6番の自発痛
2年前くらいにCRしたそう。

Per像あるので、麻酔してRCT始めました。
古いCRをとっていくと、ダイカルっぽいセメントに変わり、取ると点状路髄下くらいの穴が開いてました。
出血等なくAPCしてさあファイルでもだと思ったら激痛を訴えます。

2回目も、しっかり麻酔しましたが、ファイルを入れると痛いそう。

知り合いの妹ということもあり可哀想で髄腔内麻酔はしてません。
今度は歯根膜腔麻酔してトライしようと思います。

歯医者に対する精神的な不安もあるようなので、最悪それも効かなかったら、触れるとこまで綺麗にして、ビタペックス根充して、数年後もう少し大人になったらリエントリーしようかと考えてます。


何かいい方法があればご教授お願いいたします。

投稿を見る

前歯部2根管のレントゲン像。
根の途中に不透過像が見える場合は2根管であることが多い。
この症例は典型的な中隔がありました。

投稿を見る

左下2の舌側根管の探索と形成途中まで。
NSKのVMーY使用。いわゆるSEC1-0、かなり便利。
下顎前歯の舌側根管は意外と多いと感じる、文献では2~50%と幅があるが体感では3割ぐらいか。
今回の症例とは別だが、前歯の透過像があるretreatmentの場合は舌側根管の見逃しも疑うべきかもしれない。
https://youtu.be/NP1lr80SjWc

投稿を見る

#感染根管治療

投稿を見る

感染根管の治癒過程!

投稿を見る

珍しい解剖学的形態の根管を治療した症例をシェアします。
治療開始時の想定以上に、複雑な根管形態でした...。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、ShinyaMさんの症例についてディスカッションしてみませんか?