Adachiのその他の投稿を見る

アイスランドで全国民の検査をしたところ、陽性が出た人の半数は症状がなかったようです。

熱や咳などの症状がなくても感染している人がかなりいそうです。

https://twitter.com/gijigae/status/1242081015998234627?s=21

投稿を見る

普通のマスクをより密着させる方法です。

https://www.facebook.com/513361917/posts/10157178309576918/?d=n

投稿を見る

ついさっきFacebookのアカウントで発表されましたが、咬合で有名なDawson先生が亡くなられました。

4月にフロリダでお会いした時はまだお元気でしたので、突然のことに驚いています。

もっと話を聞きたかった。

投稿を見る

ダークモード対応、とアプリ更新の説明にありましたがまだ対応されていない部分があります。

極めて読みにくいのでGW明けにでも対応をお願いします。

あ、あとアプリトップ画面から各コミュニティ(グループ)へ行けません…

よろしくお願いします。

投稿を見る

Yahooニュースで歯科医院でのクラスターを報道…

投稿を見る

〜ABCコンタクトと咬頭対窩(カスプトゥフォッサ)の咬合接触について〜

Dawsonは、ABCコンタクトではなく、機能咬頭の先端が対合歯の窩と当たる咬合様式を採用しています。

ABCコンタクトを避ける理由はとても簡単で
・ABCコンタクトでは【斜面同士が当たる関係】ゆえわずかのズレ(数十ミクロン)で歯に側方力がかかり、筋の過緊張が起きたり歯を痛めたりするから
・求められる精度が高く、チェアサイドでの調整が大変だから
というものです。

これは学術というよりは臨床家としての選択理由ですね。

これに対して、咬頭が窩に当たる様式の場合、
・ミクロン単位の側方(水平方向)のズレがあっても全く問題ない(山が平らな面を滑るだけ)
という利点があります。

・チェアサイドでの調整がラク
なのです。

Dawsonの咬合のスタンスの紹介でした。

※iPhoneで指で描いたイラストなので綺麗でなくてすみません💦

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Adachiさんの症例についてディスカッションしてみませんか?