海外症例まとめのその他の投稿を見る

古くなったアマルガムをコンポジットレジンに置き換えた症例をシェアします。

歯科医療においてアマルガムは、150年ほど前から使用されてきた歴史があります。耐久性や操作性が優れているため、長年臨床の現場で頻用されてきました。

しかし、アマルガムに含まれる水銀の、地球環境への影響や人体への健康被害に懸念が示されるようになった30年ほど前からは、徐々に使用頻度が減少し、今日の歯科診療ではほとんど用いらていません。

日本歯科医師会も、コンポジットレジンをはじめとする他の修復材料が充実しているという理由から、歯科用アマルガムの使用を廃絶する方針を打ち出しています。

スウェーデンやオランダ、デンマークは、歯科用アマルガムの使用や販売、輸入や製造を禁止にしている。

アマルガムは、口腔内に充填されている状態では化学的に安定しており、安全です。
日本歯科医師会の立場としても、二次う蝕や不適合、審美性などの問題がない限り、原則として除去すべきものではないという方針があります(むしろ、積極的にアマルガムを除去する際に蒸気化した水銀を吸入してしまう方がリスクです)。

口腔内のアマルガムを除去をする場合、日本歯科保存学会は、以下のような注意点を喚起しています。

?できる限りアマルガムを切削することなく、手用器具を用いて一塊にして取り出す
?除去したアマルガムや、除去の際に生じる切削片は、下水道に流してはならない

© 2019 Ali Dental Clinic
© 2018 1Dニュース( https://news.oned.jp/goodbye-amalgam/ )

投稿を見る

Stepped access # 3
© 2019 southmsendo

投稿を見る

CR除去 -> 再充填の海外症例。
© 2018 Dentistry Science

投稿を見る

歯冠崩壊している上顎前歯部(2~2)の根治症例です。
© 2018 Dentistry Science

投稿を見る

審美的な問題を、独特の創造性で解決しています?

© 2019 Justin Glaister

投稿を見る

私が今日出会った症例画像を見てください。私が開業した当時からの症例です。
すべての詳細を覚えているわけではありませんが、口腔内画像の見た目ほど悪くはありません。
私は漠然と、歯肉縁下に生じていた二次カリエスを覚えています。
私は彼女のブリッジを救うために挑戦をします。

© 2018 southmsendo
https://www.instagram.com/southmsendo/

投稿を見る

関連する投稿を見る

"抜去歯は最高の教師である"。
根管について学ぶ上での格言です。

#こんな根管は嫌だ

© 2019 Dentistry World / Dr.Rauf Ahmed

投稿を見る

左下6番、根尖部透過像あると思いますか?
冷水痛や打診痛など、症状は無いそうです。
7番にはフロスがつっかかる程度のう窩が認められます。

投稿を見る

30歳男性が前歯部の外傷を主訴に来院。根管治療 + 歯冠形態付与の海外症例です。

© 2019 Dentistry Science

投稿を見る

左下2の3根管っぽいやつ。初出は北海道の顕微鏡歯科学会。
下顎前歯は複数根管あるかもしれない、アクセスは唇側or切端から、扁平な形をしている、と解剖学的な基本が大事と思った症例。
現在、下顎前歯のアクセスは全部唇側からにしている。

投稿を見る

歯根嚢胞の原因歯ごと摘出したの図。

© 2019 @kurdyumovivan

投稿を見る

近心中央根がある18の再根管治療。
歯根破折を起こしている可能性が考えられたため、最初この歯を治療すべきかどうかかなり疑わしいところでした。
けれど、幸いにも見逃されていた近心中央根と大きな側枝を見つけることができました。
仮封は水酸化カルシウムを1ヶ月置いた後に取っています。

© 2018 southmsendo
https://www.instagram.com/southmsendo/

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、海外症例まとめさんの症例についてディスカッションしてみませんか?