歯科ニュースまとめのその他の投稿を見る

世界にその名を知られる歯科技工士・桑田正博先生の、挫折と挑戦の半生を伺いました。
これからの「歯科医療のあるべき姿」が浮かび上がってきます。

▼ インタビュー記事はこちら ▼
歯科技工士・桑田正博が若手歯科医療者に伝える「歯科医療の哲学」(1Dニュース)
http://news.oned.jp/kuwata/

投稿を見る

「リアルナンパ」事件、新たに歯科医師の男ら逮捕(TBSニュース)
「ナンパの技術を学べる」とうたう塾の代表らが女性に酒を飲ませて性的暴行を加えたとして逮捕された事件で、新たに歯科医師の男(26)らが警視庁に逮捕されました。
去年3月大阪市のクラブで20代の女性に「罰ゲーム」と称して酒を飲ませマンションに連れ込み、わいせつな行為をした疑いが持たれています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3639687.htm

投稿を見る

虫歯で虐待を見抜く 子どもの共通点を歯科医が指摘(テレ朝ニュース)

親による子どもへの虐待をいち早く気付くことができるのは、近所の住民や学校に加え、歯科医師です。
ネグレクトをされている子どもの歯には、ある共通点が見られます。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000158877.html

投稿を見る

インドで、7歳男児の口内から526本の歯が摘出される(ニューズウィーク)

インドの病院で、7歳男児の口内から526本の歯が見つかり、5時間にわたってこれらをすべて摘出するという、極めてまれな手術が行われました。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/08/7526.php

投稿を見る

【口腔内細菌によるアセトアルデヒド産生、そのメカニズムを東北大学歯学部が解明】

●アセトアルデヒドが口腔がんの発生リスクを増加することが示唆されているが、そのメカニズムは不明であった
●東北大学は口腔常在細菌によるアセトアルデヒド産生に関連する代謝機構、さらには口腔環境因子がその産生に及ぼす影響を明らかにした
●この研究により、健康的な口腔内細菌叢・口腔環境であっても口腔常在菌が飲酒由来アルコールからアセトアルデヒドを産生し、口腔がんリスクを高める可能性が示唆された
●口腔内細菌によるアセトアルデヒド産生活性の評価法やその低減法の開発等に寄与することが期待される

https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2019/08/press20190808-03-teeth.html

投稿を見る

【喫煙、糖尿病、骨粗鬆症で歯の喪失リスクが増加】
喫煙、糖尿病、骨粗鬆症が「歯の喪失リスク」を増加させることが、富山大学の研究チームによって明らかにされました。
また、短い教育歴や肉体労働の職歴がある場合も、歯の喪失リスクが高いことが分かりました。
同研究チームは「高齢者の歯の喪失原因を包括的に評価した貴重な研究」であると説明しています。

https://www.u-toyama.ac.jp/education/news/2019/0619.html

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、歯科ニュースまとめさんの症例についてディスカッションしてみませんか?