ヨシ幾三のその他の投稿を見る

【鑞着のあれこれ①】
技工士サイドの鑞着には色々種類があると思います。ブリッジの鑞着だったり、はたまた溶接して鑞を流したり…
その中で『矯正』も鑞着を多用します。
補助弾線やLingual Arch、Wire Retainerなどなど…
学生の頃はとても苦手でした。すぐにワイヤーは黒く酸化し、鑞着しなければいけないワイヤーはどんどん短くなっていく…模型も黒くなり崩壊していく…
しかし10年も矯正鑞着をやり続けると『慣れ』ていきます。
もし、学生さんて実習で鑞着が上手く出来ない人がいるならちょっとしたコツとして…
①炎の先をよく見て下さい。
②鑞は熱い方へ流れます。
③鑞着したい処は接してますか?
特に③のコツが大切で、ワイヤー同士が接触してないと鑞は思うように流れてくれません。
試してみて下さい。

投稿を見る

昔に投稿した記事に『市販の洗浄剤を使って洗浄しないで』と書きました。
あれから、患者さんにはこちらが指定した洗浄剤を購入して頂くよう指導してますが…やはり商品名に『矯正用』と書かれていると、どうしても購入してしまうようです。
近年『マウスピース矯正』が増える中、市販の洗浄剤を購入する方が増えています。
マウスピースなら市販の物で大丈夫かもしれませんが、保定リテーナーは場合によっては金属部分が腐食します。
1〜2枚目の写真は市販の洗浄剤を使用し続けた患者さんが『壊れた』と臨時で来られた時の装置です。鑞着部分に再研磨をしても消えない穴があり、脆くなって腐食しています。
鋳巣のような感じです。
3~4枚目は修理をし研磨したものです。
鋳巣のような穴は消えました。
鑞の中に埋まっていたはずのワイヤーも腐食した穴から洗浄剤(酵素と銀イオン入り)が侵入したのか、黒く酸化したような状態になってました。
是非とも矯正をされる方は頭の片隅に置いといてもらいたい。。。

投稿を見る

【矯正装置の研磨】
矯正装置は細かい部分が多いので、基本研削・研磨はハンドピースで行っています。
レーズ研磨もありますが、殆ど使いません。
ハンドピース研磨の順序としては…
左から、ガーバイドバー→ビッグシリコンポイント(荒)→ビッグシリコンポイント(中)→ビッグシリコンポイント(細)→フェルトバフ→コットンバフの順番です。
因みに何気に装置を光らすのは最後のコットンバフだったりします。
まずフェルトバフでルージュをつけて研磨し、その後コットンバフで何もつけずに乾拭きするイメージであてます。
そそうすると艶がでます。

投稿を見る

【ヤングプライヤー】
ワイヤー屈曲に欠かせないのがプライヤーです。色々な種類のプライヤーがありますが、基本ヤングのプライヤー1本で殆どの矯正装置を製作してます。
ちょっとした調節にはスリージョーを使用しますが、ワイヤーに傷をつけたくないのでヤング1本勝負です。
ただ、ヤングのベンディング許容範囲と言うのが1.0mmらしいのですが…急速拡大装置などの脚部は1.1mm以上がほとんどです。
約10年。数はそこまで多くないですが、1.0mm以上のワイヤーをベンディングし続けるとヤングプライヤーはこうなりました。
こんな所から折れるとは思わなかったので、反動で自分の手で顔面強打するぐらいでした。経年劣化もあると思いますが、ヤングプライヤーを多用する方はお気をつけください。

投稿を見る

【鑞着のあれこれ②】
市販のデンチャー洗浄剤。
こちら当院では禁止してます。
今インビザライン矯正が流行っているのもあり、市販で『矯正専用』と書いた洗浄剤も販売していますが、こちらも禁止させて頂いてます。
なぜか…
市販の洗浄剤を使用すると鑞着部など金属の酸化や腐食が多いからです。
装置の形によってはレジンに埋もれる事なく鑞着部がある場合があります。その剥き出しになった鑞着部に市販の洗浄剤を使用すると高確率で壊れます。
特徴として、真っ黒に酸化したようになっており鋳巣のような穴が空いています。
また緑色の付着物も見られます。
因みに当院はサンプラチナ鑞線を使用してます。
なぜ鑞着部が弱るのか…難しい事はわかりません。すみません。

投稿を見る

【鑞着のあれこれ③】
矯正には『一般矯正』や『外科矯正』などあります。
『一般矯正』は自費診療ですが『外科矯正』は保険診療になります。
この『外科矯正』は大体がまず矯正をし手術直後から咬合する様に矯正をし(約1年〜1年半)、口腔外科で手術をし、また最後の微調整で矯正(約1年〜1年半)をしていきます。
この外科手術の前に患者さんのワイヤーに『フック』を着けます。手術後、ゴムをかけたりして固定する為のものです。
この『フック』も当院では1本1本技工サイドでつけます。
最近、フックに使っていたブラスワイヤーが生産中止になってしまい在庫もそろそろ限界になってきました。他の矯正歯科さんは何を使用していますか?
クリンパブルフックも併用してますが、どうしてもベンド部分が難しくどうしても鑞着になってしまいます。

投稿を見る

関連する投稿を見る

【鑞着のあれこれ①】
技工士サイドの鑞着には色々種類があると思います。ブリッジの鑞着だったり、はたまた溶接して鑞を流したり…
その中で『矯正』も鑞着を多用します。
補助弾線やLingual Arch、Wire Retainerなどなど…
学生の頃はとても苦手でした。すぐにワイヤーは黒く酸化し、鑞着しなければいけないワイヤーはどんどん短くなっていく…模型も黒くなり崩壊していく…
しかし10年も矯正鑞着をやり続けると『慣れ』ていきます。
もし、学生さんて実習で鑞着が上手く出来ない人がいるならちょっとしたコツとして…
①炎の先をよく見て下さい。
②鑞は熱い方へ流れます。
③鑞着したい処は接してますか?
特に③のコツが大切で、ワイヤー同士が接触してないと鑞は思うように流れてくれません。
試してみて下さい。

投稿を見る

アーチワイヤの屈曲についての質問です。
トウイン(トーイン?)とはどんな屈曲の仕方なんでしょうか?
医歯薬の教科書にはイラストが載っているぐらいで特に説明が見当たらないのでもし分かる方いらっしゃったらお願いします。

投稿を見る

【ヤングプライヤー】
ワイヤー屈曲に欠かせないのがプライヤーです。色々な種類のプライヤーがありますが、基本ヤングのプライヤー1本で殆どの矯正装置を製作してます。
ちょっとした調節にはスリージョーを使用しますが、ワイヤーに傷をつけたくないのでヤング1本勝負です。
ただ、ヤングのベンディング許容範囲と言うのが1.0mmらしいのですが…急速拡大装置などの脚部は1.1mm以上がほとんどです。
約10年。数はそこまで多くないですが、1.0mm以上のワイヤーをベンディングし続けるとヤングプライヤーはこうなりました。
こんな所から折れるとは思わなかったので、反動で自分の手で顔面強打するぐらいでした。経年劣化もあると思いますが、ヤングプライヤーを多用する方はお気をつけください。

投稿を見る

矯正治療予定の患者さんの口腔内です。上顎4番、下顎5番抜歯予定。上顎はインコグニート、下顎はデーモンブラケットです。自覚症状は一切ありません。
なるべく早く矯正治療を開始したいとの事でした。

今回審美塾でお話したいのは、治療の順番です。
どのような順番でどうすると効果的か一緒に考えていきましょう。完璧な正解は臨床の現場ではありません。

なのでこうしなければいけないと言った考えより、こうするともっとよいかもという発想で皆様と症例を共有したいです。

実際の治療例を順番にあげていきます。

Q.あなたならこのお客様にどのような歯科的対応をしますか?

投稿を見る

クロスバイトの症例に対する非抜歯での上下顎マルチブラケット矯正ケースです。

投稿を見る

ももクロ百田夏菜子が歯列矯正を告白 ファンから悲しみの声(ニフティニュース)

●ももいろクローバーZの百田夏菜子が「歯並びの方を整えようかと思います」と報告した
●百田の投稿にファンからは「エクボは取らないでね」といった悲しみの声が寄せられた
●元メンバーの有安杏果が交際報告をしていたことから「影響されたな」といった声も

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12273-184918/

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、ヨシ幾三さんの症例についてディスカッションしてみませんか?