Sho Yamadaのその他の投稿を見る

たまには僕も治療の症例も出してみるか・・・。
保険診療だし、ステイニングはあんまり好きじゃないので、
こんなもん。

投稿を見る

日本のカリオロジーを盛り上げるために!
2020年、カリオロジーコースを開催いたします!!!

日程は2020年1月26日、2月16日、3月8日。
Think Twiceの長谷川雄一先生、石川健先生と、以心塾の僕のコラボレーション企画です!

僕もまだまだ学びの途中ですが、
ディスカッションなどを通して共に成長したいと思います。

ご希望の方は氏名、年齢、役職、電話番号、メールアドレスと、
受講への意気込みなどwを、チラシに記載のアドレスへメールを送ってください(^-^)
お振り込みをもってお申込み完了となります。

熱い若手の参加を待ってます!!!(^-^)

投稿を見る

2年間経過しました。
裂溝の白濁は、非活動性のう蝕となりました。
少なくともこれまでのところは切削充填をしなくて正解といえます。
過蓋咬合で萌出しきらないという別の問題はありますが・・・。

投稿を見る

活動性のう蝕から非活動性のう蝕へ。
今のところ順調に停止してきています。

咬頭の形成不全ではなく、裂溝の脱灰の話ね。

まさか削っちゃあダメだぜ。
さぁ、何をしたらこういう予防ができると思いますか?

投稿を見る

さて、では最後の問題。
「なぜう蝕になるのか?」

う蝕予防に大切なのは、カイスの輪からもわかるように、
1.食習慣
2.フッ化物
3.ブラッシング

一般の方にこの中でどれが最も大切か?と聞くと多くの方は「ブラッシング」と答える。
皆さんはどうだろうか?

カイスの輪はさらに発展し、今は「FejerskovとManjiの概念」として複雑化している。
僕たちがコントロールすべきものは、なんだろうか?

投稿を見る

この両隣在歯の裂溝も削って詰めようとした歯科医師がいる。
この6番の修復も必要だったのかどうかあやしい。
これで「きれいに削って詰めました」とか言ってるやつは
マジで歯科医師やめた方がいいと思う。
傷害に等しい。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Sho Yamadaさんの症例についてディスカッションしてみませんか?