関連する用語を見る

Shugo Matsuokaのその他の投稿を見る

本日14時に発表された #歯科医師国家試験 合格発表は、全体の合格率は63.7%、合格者数は2059人。合格率は下がってはいるけど、合格者数は微増。
合格された方おめでとうございます!!!

投稿を見る
個人トレー + アルジネートによるノンクラスプデンチャーの精密印象採得

36歳の女性の患者さんです。左上4番のノンクラスプデンチャー製作を希望していました。
個人トレー + アルジネートで精密印象採得をしました。僕が研修医だった頃の症例です。

投稿を見る

iOS 12.1から、歯の絵文字が追加されました?
この絵文字、下顎第二大臼歯の頬側面観だと思うのですがどう思いますか?

投稿を見る

オーストラリアの製薬メーカーiQ Group Globalが、唾液1滴で血糖値を測定できるバイオセンサーを開発しました。
スマホアプリでリアルタイムに血糖値をモニタリングできるらしく、糖尿病患者のQOL向上に一役買うものと期待されています。
唾液で癌のスクリーニングもできる時代なので、日本全国に広く分布する歯科医院が全身のヘルスケアのハブになれる日も近いかもしれません。

血液を採取する必要なし!1滴の唾液で糖尿病の進行具合を判定するバイオセンサー - TECHABLE
https://techable.jp/archives/97127

投稿を見る
歯と犬の鑑別はたまに難しいことがあります

歯と犬の鑑別はたまに難しいことがあります。

© 2018 Ali Dental Clinic.

投稿を見る

【第1回 歯学部生による、歯学部生のための勉強会_書き起こし②】
続いては、ミスター医科歯科・藤原さんによる「歯学部での勉強方法について」をまとめます。

- 人間は連続した集中力は2時間しか持たない。1時間、1.5時間のサイクルで勉強をすると、だいぶ記憶力が良くなる
- シャワーを死ぬほど浴びてリセットをする
- 勉強のステップ:勉強時間が正義というのは間違いないが、時間は限られている。試験の分析にまず多く時間を使い、シャワーを浴びながら暗記する
- エビングハウスの忘却曲線:1回覚えておくと、次覚えるのが楽になる。1回忘れても良い。何回もやれば、省エネルギーで思い出すことができるので、その状況を使って勉強をする

投稿を見る

関連する投稿を見る

これまでの臨床経験のなかでもあまり見たことのない位置に萌出している第三大臼歯です??

投稿を見る

悪性腫瘍の進行を経時的に記録した一症例です。
上から、2017年に撮影、2018年に撮影、2019年に撮影したパノラマエックス線画像です。

投稿を見る

左側下顎頭に生じた骨折の症例です???

投稿を見る
外傷による前歯部歯冠破折をジルコニアクラウンで補綴した症例

歌手の患者さんです。自転車で転び顔面を強打し、他院を受診しましたが、治療期間が伸びると言われ当院に紹介されました。
2日後にライブが控えており、どうしても仮歯が必要という状況だったため、30分で3本抜髄し、3本テックを製作しました。いずれも歯肉縁下だったのですが、そこは電気メスでマージンを合わせました。
後日、嚙み合わせのチェックと根治・根充を終わらせ、HJKにてプロビジョナルクラウンを作成しました。
そのプロビを元に色調・形態を確認の上、ジルコニアクラウンをセットしました。

【この症例のポイント】
①当日にどこまでテックを作り込んで前歯部の不具合を解消させるか
②破折の時のマージン設定をテックで作り込むこと
③HJKをプロビとして作り込むからこそ、ジルコニアクラウンが効果的に作成できる

質問、コメントなどお待ちしています。

投稿を見る

下顎に生じた骨腫のケースです。骨腫は骨組織に生じる良性腫瘍で、緩慢に発育することが特徴としています。
口腔領域に生じることも少なくなく、骨内部に発生する中心性骨腫と骨膜性に発生する周辺性骨腫に分類されています(今回のケースは周辺性骨腫です)。
ちなみに組織学的には、海綿状骨腫と緻密性骨腫とに分類されます。
今回のケースは下顎骨に生じた周辺性骨腫ですが、本来は下顎よりも頭蓋骨や前頭洞、上顎洞をはじめとする顎顔面骨の洞、また外耳道に生じることが多いです。

投稿を見る

角化嚢胞性歯原性腫瘍の症例画像です。1枚目が初診時の画像、2枚目が摘出を行った術後1年後のフォローアップ時の画像です。
角化嚢胞性歯原性腫瘍は若年男性の下顎骨に好発し、基底細胞母斑症候群の症状として生じることが多い腫瘍です。エックス線画像所見としては、境界明瞭で多胞性・単胞性の透過像が認められます。

投稿を見る

歯科医療者専用SNS「1D」

に登録・ログインして、Shugo Matsuokaさんの症例についてディスカッションしてみませんか?